FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
管理人:チームのまとめ役。普段は表に出てこない。
オカルト君:憲法問題担当。特に政教分離や皇室祭祀の問題に詳しい。
鉄ヲタ君:経済政策担当。特に物流や交通政策に詳しい。
プヲタ君:安全保障問題担当。特に武道や格闘技関係に詳しい。
アニヲタ君:文化・芸術政策担当。特に「クールジャパン」問題に詳しい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

保守左派とは何か(用語解説)

保守左派のための憲法講座

保守左派のための経済学講座

RSS

究極の一手『常備軍付き世界連邦政府』構想!

 「世界の秩序を国家が連合して守るという国連の理念を本当に実行するためには、国連が専任の司令官を持つ常備軍を保有することがどうしても必要です。そのさい、各国は国力に応じてその費用を負担しなければなりません」

 「参考にすべきなのは、アメリカ憲法です。アメリカの政治システムは、上院と下院の二院制をとっています」

 「将来の国連は、各国が一名の代表を出す上院と、人口に応じた数の代表を各国が派遣する下院の二つから構成されることになるでしょう。もう一つ、各国のGDPに応じた議員数で構成される第三院が、必要になるかもしれません。このような制度の下でなら、国連が常備軍を持ち、世界の秩序維持にあたることが可能になるでしょう」

 「このような改革から、国連が世界政府になりうる道が開けます。やがて、国連は世界議会だけでなく大統領を持つことになるでしょう。強い行政権を持った強い大統領です。こうなったときに初めて、世界政府が誕生するということになるのです。国連は世界のどの国にも例外なく適用される世界法を持ち、常備軍をもってその法を施行することになるのです。その施行者が世界大統領であることは言うまでもありません」

 ……な、なんという逆説であろうか! グローバライゼーションに対する最も有効かつ決定的な反撃策が、よりにもよって最も反国民国家的主張たる『世界(連邦)政府』構想だったとは!

 しかし考えてみれば、これほど単純かつ論旨明快な反グローバライゼーション政策も他にはあるまい。

 要するに「『国境線という(国民国家の)限界を越えて資本が世界を自由自在に行き来する』からこれを統御することが出来ないというのなら、地球上の全地域をその主権領域とする『超』国民国家を一つ、打ち立ててしまえばいいじゃないか! そしてバヌアツだろうがケイマンだろうがモナコだろうがバルバドスだろうが、世界中どこまでもとことん追いかけていってこれに課税し、資本の逃げ場所をこの地球上から根絶してしまえ!」ということなのだから。

 正直、この『究極の反グローバライゼーション政策』をこの連載で紹介するのは勇気がいった。

 なにしろ我々のような保守左派系の団体というものは、世界中どこでも「世界連邦」的なものに対しては最も敵意を剥き出しにし、国民国家的なものに最も激しく執着するものと相場が決まっているものなのだから。

 わが国においても、「世界連邦」という言葉を聞いたとたん「サヨ妄想!」と切り捨てる輩が、民族派というよりむしろ保守派といわれる連中の中に大勢いるのが現状である。こんな「プラウトの世界連邦構想」などを発表しようものなら、それこそ「なんだ貫通信B、お前も鈴木邦男を見習ってサヨ転向かァ?」などとネトウヨあたりから揶揄されそうな事くらい、はじめっから十分予想できることなのである。

 しかし、とあえて問いたい。

 よその国ならともかく、こと日本の民族派思想に関する限り、「世界連邦政府」構想というものは決して敵対的ではない、むしろ極めて親和性の高いものなのではないか、ということをである。「プラウト」の本論からは少しはずれるが、次回はそのあたりを詳しく検証していってみたい。

(続く)

新自由主義者の言い分

 「日本一純粋な新自由主義者」こと大前研一が『SAPIO』平成20年(西暦2008年)6月25日号で、久しぶりにこちらが思いっきりムカつくようなことを書いてくれたので一部抜粋して紹介する。

 「今や工場だけでなく、企業のあらゆる機能が国境をまたいで海外に展開し始めた」

 「当然、雇用は限界まで削られ、組合活動などの入り込む余地はない」

 「経営者としては、御手洗氏や奥田氏や桜井氏は非常に立派である」

 「今まさに連合や全国自治会は、地方も時給1000円に引き上げろと要求している。それは政治的には正しいかもしれないが、結果はむしろ雇用減につながるだけだろう」 「つまり、企業は組合員に対して、出せるだけの給料をもう出している。これ以上出したら、いっそう非組合員や外国人を使うだけである」

 「もはや企業が賃上げ要求を受け入れる余地がないことを考えれば(中略)労組はターゲットを経営者ではなく、国や地方自治体などのパブリックセクターに切り替えて、まずは規制緩和を推進すべきだろう」

 まさしく「簡にして要を得た」近頃では珍しいくらいにストレートな新自由主義者の主張である。

 つまり「賃上げ要求とは何様のつもりだ! 国内に仕事を残しておいてやるだけでもありがたく思え‼」「何、法人税引き上げ? あっそう、ならいいよ別に。俺たちカリブ海でもどこでも、好きなところへ出て行けるもんネェ! 日本より税金の安い国なんて、世界にはいくらでもあるんだよゴラァ‼」というわけだ。

 奇しくもこの前の弊会の会合でナサニエル=スミス先生がアントニオ=ネグリの著書『帝国』を紹介されていたが、まさしくグローバライゼーションの本質とはここ「多国籍企業や超富裕層の権力が、国民国家の権力よりも強くなってしまった」という一点に尽きるのである。

 いくら近代国民国家が「神の力=主権」を持つといっても、そこには「国境線」という、超えられない壁がどうしても存在する。しかし多国籍企業や超富裕層、あるいは「才能ある人材」といった連中は、その壁を越え、世界中をどこまでも、自由自在に飛び回ることができる。そして情けないことに、今や国民国家は、彼ら「勝ち組」連中にヘイコラ頭を下げて国内に「在住していただく」こと無しには、その存立すら保てないほど脆弱な存在に成り下がってしまっているのである。

 我々もよく使う『対米自立』という言葉だと、今いち事の本質を上手くあらわせなくて面倒なのだが、あれやこれやと日本に新自由主義的政策を内政干渉してくるアメリカ政府は、実は新自由主義者の本丸ではない。主犯は、あくまでも彼らの背後にいる多国籍企業や東部金融資本であり、目に見える大統領や役人たちは、あくまでも彼らの代弁人であり、飼い犬にすぎないのである。

 このような世界情勢に対し、ラビ=バトラ博士は『ラビ=バトラの大予言』(総合法令)の180頁から182頁にかけて、一体どのような対抗策を提案されておられるのであろうか。

(続く)

『デュアル為替レート』とは何か?

 詳しく説明しよう。

 つまり現代の「変動相場制」下においては、各国の為替レートは原則市場によって決められている。だが国によっては、今でも「ペッグ制」などといって自国通貨を他国のある特定通貨にリンクさせることによって、固定的な為替レートを維持しているところもある。中国の人民元などがまさにその典型であろう。

 ラビ=バトラ博士のいう『デュアル為替レート』とは、この「ペッグ制」を逆手に取り、極端な貿易不均衡のある特定の国に対し、輸出か輸入のどちらか一方にだけこの「ペッグ制」すなわち固定相場制を採用しようというものである。いわば為替のダブルスタンダード制だ。

 例えばA国とB国との間では、A国側の貿易赤字が極端に大きいとする。そこでA国では、自国からB国への輸出に限り国際外国為替市場よりはるかに自国通貨を安くした固定為替レートを採用するのだ。

 するとどうなるか。

 B国では、それまでよりはるかに安い値段でA国の商品を手に入れられることになり、A国からB国への輸出は急増することになるだろう。しかも通常の為替レート変動とは違い、B国からA国への輸入には従来どおりの国際外国為替レートが採用されるわけだからこれでB国からA国への輸入が急に減るわけではない(つまりB国がこの政策に反対する根拠もない)というわけである。

 なるほど。確かに貿易不均衡是正策としてはそれなりの効果が期待できる方法だろう。だが現代日本の貧困問題を解決する手段としてはこの『デュアル為替レート』、残念ながらそれほど効果があるとも思えない(少なくとも短期的には)。

 たとえば貧困問題解決策として日本政府がこれを導入するのであれば、真っ先に考えられるのは「中国からの輸入為替レートの円を、国際外国為替市場より安く設定する(=中国製輸入品の国内価格を上げる)」であろう。だがこれは先の例とは異なり、自国輸出品の大幅な減少を余儀なくされる中国政府からは猛烈な抗議を受けることになる。しかし、だからといってその逆に「中国への輸出為替レートの円を、国際外国為替市場より安く設定する(=日本製品の中国価格を下げる」というのでは、儲かるのはトヨタやキャノンだけとなり、国内貧困問題の解決にはやはりなんの役にも立つまい。

 やはりこの方法には限界がある。ラビ=バトラ博士自身も「いずれ誰かがもっと有効なアイディアを考え出すまで、このデュアル為替レートは、今日のアメリカの製造業を生き返らせる唯一の手段といってもいいでしょう」と語っているように、これはあくまでも対症療法的な、さしあたりの解決策でしかないのだ。

 ではプラウトは、現代のこの猖獗を極めるグローバライゼーションに対し、なんの根源的対抗策も打ち出せないのであろうか。

 ……実をいうと、一つだけ方法がある。

 それは過去のラビ=バトラ著作群のなかでもただ一度、『ラビ=バトラの大予言』(総合法令)の一八〇ページから一八二ページまで、たった二ページ分だけ言及されたことのあるあの方法である。

(続く)

「自由貿易」は貧者の敵か?

 「何? 『これ以上の値引きはとても無理』だって? あっそう。ならいいよ別に。おたくらから買わなくても、今は中国やインドからいくらでももっと安い品を買うことが出来るからねェ。いやあ残念だなあ、おたくとは古くからの付き合いだから、なるべく顔を潰したくないと思って先に話を持ってきたのにねェ(嘲)」

 こんな調子で元請けから製品を買い叩かれ、泣く泣く値引きに応じたあげくますます経営が苦しくなり、従業員のリストラや労働強化でやむなく資金繰りを補わざるを得なくなっている中小零細企業経営者の方が、本紙(この当時に小論を掲載していた政治紙)読者のなかにもきっとおられることと思う。

 まさしくこれこそが「グローバライゼーション」というものであり、日本に「格差社会」をもたらした元凶の、そのもっとも分かりやすい例の一つであろう。

 このような「発展途上国からの格安輸入品攻勢」がもたらす貧困の問題に対して、プラウトは一体どのような処方箋を用意しているのであろうか。

 『ラビ・バトラの世紀末大予言』(徳間書店)や『貿易は国を滅ぼす』(光文社)などの初期作品でのラビ=バトラ博士の回答は、比較的単純かつ原始的なものであった。

 つまり「自由貿易が諸悪の根源なのだから、関税をかけて国内産業を保護すれば良い。それは先進国内の貧困化を阻止したり発展途上国の伝統産業や暮らしを保護したりするだけでなく、巨大タンカーなどの過大な輸送によるエネルギー浪費と環境汚染とを防ぎ、また関税による収入は政府の財政危機回避にも役立つ」というものである。

 正論である。が、同時に非現実的でもある。

 以前、何かの記事で貫通信C君が「反グローバライゼーションは、現代の尊皇攘夷でしかないかもしれない」というような意味の懸念を表明していたが、事実インターネットなどの急速な発展やそれによる高度情報社会化、また今や中国との密接な関連なくしては語れなくなってしまった日本製造業の現状などを見ても、関税障壁による「単純保護貿易主義」などというやり方は、時代遅れなだけでなく、国外市場や海外からの資金流入の道を閉ざし、かえって日本経済の首を締め上げる結果になってしまう恐れが非常に高いといわざるを得ないであろう(それ以前に「日本国内さえ豊かなら、他の発展途上国は貧しいままでもいいのか!?」という全く別方向からの批判も考えられる)。

 さすがに博士も「今どき関税障壁なんてとてもムリ」と判断せざるを得なかったのだろう。近著の『グリーンスパンの嘘』(あ・うん)や『新たなる黄金時代』(同)では、関税障壁に代わる新たな貿易均衡策として『デュアル為替レート』なるものを提案されている。

(続く)

プラウト式中小零細企業救済法とは?

  「冗談じゃない! この世知辛いご時世に、そんなバカ高い給料を払えるもんか!」

 そんな経営者たちの悲鳴が聞こえてきそうな数字ではある。しかも悩ましいことに、こうした最低賃金の引き上げにもっとも強硬に反対するのは、いまや史上空前の利益を上げ続けるまでになったトヨタやキャノンなどの勝ち組大企業よりもむしろ、日本商工会議所に集結するような中小零細企業の経営者たちであり、彼らを無視しては、決してこの『GDP連動式最低・最高賃金法』を実効的に導入することなどできないという点こそが、他の二原則に比べ、この原則の実行がもっとも難しいと思われる理由の一つなのである。

 どうにかして、彼ら中小零細企業に負担をかけさせる事なく、この原則を実行する方法はないものだろうか。それを考える前にまず、一体なぜ彼ら中小零細企業の経営がこんなにも苦しいものになってしまったのかを考えねばなるまい。

 大別すると、その理由は概ね次の二つとなるだろう。

⑴「コスト削減」の大号令のもと、元請け大企業から執拗に仕掛けられる下請けイジメ。

⑵中国をはじめとする発展途上国からの、格安の輸入品攻勢。


 このうち⑴については、他のプラウトニ原則の徹底実施により、かなりな程度まで状況を緩和させることが期待できる。なにしろ『独占強制分割法』により、いかなる大企業もある特定の産業を寡占することが不可能な状況になっているのだから、たとえ元請け企業Aからなんらかの無理難題を吹っかけられたとしても、「ならライバルの元請け企業Bに乗り換えてやる!」ということが、その頃には現在よりもはるかにやりやすい環境になっているはずなのである。

 また、例えば「東証一部上場、従業員数五〇〇〇名の大企業」などといっても、その多くは配下の下請け・孫請け企業までもが従業員数にカウントされているのが実態なのだから、それを逆手に取り『従業員株式保有制』の枠内に下請け・孫請け企業までもが入り込み、元請け企業の、株主総会での投票・発言権や株式配当受給権を確保しておく、という方法も考えられる。

 それでも足りなければ『下請け・孫請け企業従業員最低賃金保障法(下請け・孫請け企業で雇う従業員の最低賃金は、その契約内容に関係なく、全て元請け企業で負担しなければならない! とする法律)』の制定とか、あるいは労働組合ならぬ『中小企業組合』(これは独占強制分割法との兼ね合いが難しいのだが)の結成促進とかいった方法が考えられるが、いずれも国内法で解決できる問題であり、敵大企業の妨害さえ撥ね退けられれば、実施はそれほど難しいものではないだろうと楽観できる。

 問題は⑵の「格安輸入品」のほうで、これこそまさに現代のグローバライゼーションの問題とも直結する、今もっともホットな課題ともいえるであろう。(続く)

GDP連動式最低・最高賃金法

 前回までに私が紹介した『プラウト三原則』のうち、①の『従業員株式保有制』については、外資からのM&A攻撃に怯える中堅企業などからは、むしろ歓迎される制度であろう。また②の『独占強制分割法』についても「競争と公正を重んじる」という新自由主義の建前から見て(本音はどうあれ)正面きっての反対は難しいものと思われる。

 だが今回私が紹介する『プラウト三原則』の最後の一つである③『GDP連動式最低・最高賃金法』は、これまでとは違い、もっとも激しい反対の予想される、導入の難しい制度であり、同時にもっとも切実に導入の望まれる、緊急性の高い制度でもあるのである。

 「最低賃金法? それだったら今の日本にも、他の先進国や発展途上国にすらちゃんとあるじゃないか」そういうツッコミがすぐに入るだろうことは容易に想像できる。だがラビ=バトラ博士は、その著書のなかでこう何度もはっきりと断言しておられる。

 「今の先進国や発展途上国の多くで規定されている最低賃金は、全体的にあまりにも低すぎる」と。

 ではプラウトでは、一体どの程度の最低賃金がもっとも適切だと考えているのだろうか。

 その具体的な計算方法については、残念ながら経済学の専門家でなければ理解できないような煩雑なものであるらしく、現在までに日本国内で出版されているラビ=バトラ博士の日本語版一般書では、肝心の数式部分が全て省略されてしまっている。だが最低賃金について解説された地の文から推測する限りでは、おおよそ次のような原則があることまではどうにか理解できるのである。

⑴それは最もレベルの低い、非熟練肉体労働者でさえもが生活を維持できる最低必要条件を満たせるものでなければならない。

⑵その最低必要条件とは「衣・食・住・教育・医療」の五条件である。

⑶その最低必要条件のレベルは、国または地域によって異なる。

⑷ゆえに国または地域全体の生産性が向上すれば、それに連動して最低必要条件のレベルも向上していかねばならない(すなわち『GDP連動式』というわけだ)。

⑸この最低必要条件レベルの富が全国民に分配された後の余剰部分の富は、個人の社会に対する貢献度に比例して配分される。その最高限度額は、大体最低必要条件レベルの十倍程度である(ゆえに『最低・最高賃金法』なのである)。


 ちなみに、いま仮に日本のGDPを五二〇兆円ちょうどとし、日本の労働力人口を六七〇〇万人ちょうどとして、前述の諸条件をもとに私が独自に計算してみた数式によれば、現在の日本において、労働者ひとりが本来保障されるべき最低年収は、三五六万八三六五円であるという結果がでた。これは額面上の数字だから、実際には税金やら保険料やらが天引きされ、労働者の手元に残るのはせいぜい二五〇万円程度になってしまいはするのだろうが、それでも仮に正規労働者の年間総労働時間を二千時間とすれば、時給に換算すれば手取りで一二五〇円。現行の法定最低時給七九三円(東京都の場合)よりも、はるかに高い水準になることがお分かりいただけるであろう。(続く)

要は公正取引警察の権限だ!

 勿論これだけでは、大企業による市場独占の問題を解決できるわけでは全然ない。

 まず市場規模がどの程度以上の商品に対して先のルールを、それもどの程度適用すべきかという問題があるし(例えば東京の大田区には、冷蔵庫の製氷皿に関するシェアで全国の七五%を占めている、などという町工場が実在するが、まさかそんな零細企業に先のルールを適用するわけにはいくまい)、さらには業種分類の線引きをどうするか(例えば銀行・生保・損保・証券の各業界はそれぞれ別の市場と捉えるべきか、あるいは全て「金融業」としてひと括りに捉えるべきか等)、市場独占以外の様々な不公正競争(抱き合わせ販売など)にどう対処するか等等、要するにザル法といわれる現在の独占禁止法や、あるいはそれより遥かに厳格ながらも、百年以上に亘って果てしなく大企業とのイタチゴッコを続けているアメリカの反トラスト法などと同じような問題をこの『独強法』も抱えていると言えるのである。

 とはいえ、真に重要なのは法律の条文よりもむしろ公正取引警察の権限のほうだろう。

 たとえ法律にどんな不備があり、あるいはその抜け穴をかいくぐるような脱法的企業がどれほど跳梁跋扈しようとも「……その他総合的に見て、市場の公正な競争を損なう恐れがあると判断し得るあらゆる一切の行為に対し、公正取引警察はそれを禁止または排除するよう、あらゆる強制力を行使することができる」という一文を法律の中に入れておきさえすれば、あとは公取側の裁量次第でどうにでも措置することが可能なのだから。

 そしてここが最も重要な点なのだが、新自由主義者どもは、この『独強法』に対し、正面きって反対することは決して出来ないはずなのである。なんといっても「民間企業同士による公正な市場競争」こそが新自由主義最大の眼目であり、この制度は単にそれを建前どおり厳格に実現させよう、と主張しているに過ぎないものなのだから。

 もちろん実際には「国際競争力」やら何やら、様々な屁理屈を持ち出してきては彼らはこれに反対するだろうことは十分に予測できる。だが彼らの大義名分を奪うという一点においてプラウトは、「何でもかんでも公営に戻しさえすればいい」と言わんばかりの馬鹿サヨクどもの主張などより、遥かに強力な攻撃力を確かに持っているのである。

(続く) 

新自由主義者も決して反対できない『独占強制分割法』

 具体的な例を挙げてみよう。

 広告代……いや違った(笑)某産業分野の企業間シェア配分が、例えば次のようになっていたとする。

業界一位……A社二五%
同二位……B社一三%
同三位……C社一二%
同四位……D社一〇%
同五位……E社九%

 これでは業界上位五社のシェア合計は六九%と、軽く過半を超えてしまうことになり、即座に公正取引警察の手が入ることになるであろう。そしてまず業界第一位のA社が強制企業分割を強いられることになる。

 何を基準に分割するか。例えば地域別に分ける(例JR)、あるいは業務内容別に分ける(例NTT)など様々な方法が考えられ、実際には各企業ごとに臨機応変に対応することになると思われるが、最低限これだけは必ず守らなければならない原則として、例えば次のようなものが考えられる。

① 分割されたどの企業も(元の業種分類に基づいて)必ずシェア一〇%未満となるように調整されなければならないこと。
② 分割されたどの企業も、なるべく同程度の規模となるよう、またその後の未開拓市場もなるべく均等になるよう配慮しなければならないこと(本州三社と三島会社の間で大きな企業格差があるJRのようなやり方はダメ! ということ)。

 以上の原則に基づけば、例えばA社には次のような強制分割が行われることになる。

⑴Aa社(シェア九%)
⑵Ab社(シェア八%)
⑶Ac社(シェア八%)

 そして改めて業界順位を並べなおすと次のようになる。

一位……B社一三%
二位……C社一二%
三位……D社一〇%
四位……Aa社九%
同四位……E社九%

 これだとシェア合計は五三%となり、まだ過半を超えていることになる。そこで次は業界新一位のB社を次のように強制分割する。

⑴Ba社(シェア七%)
⑵Bb社(シェア六%)

 そして業界新順位は次のようになる。

一位……C社一二%
二位……D社一〇%
三位……Aa社九%
同三位……E社九%
五位……Ab社八%
同五位……Ac社八%

 これで上位五社のシェア合計は四八%となり、ようやく過半数を下回ることになるわけだ。

 なぜこんな回りくどいやり方をするのか。それは大企業同士が闇カルテルを組んで自企業のシェアを作為的に調整し、誰も独占強制分割法(独占禁止法改め)に違反していないかのように見せかける談合行為を防ぐ効果があるからだ。

 国家間の同盟関係もそうだが、およそ本質的に競合関係にあるもの同士の協定だの連携だのといったものが機能しうるのはせいぜい「三国同盟」までであり、参加者が四を超えた途端にどんな盟約も有名無実化してしまうのは人類の歴史が指し示しているとおりである。

 そしてこのやり方なら、例え談合企業間だけで意識的にシェアを低く抑えていても、他の企業のシェア次第でいきなり『独強法(独禁法改め?)』違反の捜査が入ることもありえ、談合自体を無意味にさせてしまうことが可能なのだ(同時に、自企業単独でいくらシェア一〇%を超えていようとも、業界第二位以下の企業が極端に弱すぎる一人勝ち状態のときには『独強法』違反にならない可能性も高いため、企業が違反を恐れるあまり萎縮し、事業拡大を自主規制してしまうといった事態も防ぐことができる)。

2 独占強制分割法と公正取引警察

(問四)「従業員株式保有制」により、確かに一つの企業の内側は民主化されるかもしれない。だがその企業が例えばマイクロソフトのような寡占企業だった場合、その企業の外側が受ける抑圧は逆にますますひどくなるのではないか?

(問五)そもそもこの制度では、恩恵を受けるのは継続的に株式を保有できる従業員すなわち正社員だけだ。現在の格差社会はむしろパート・アルバイト・派遣労働者といった非正規社員の増加が原因だし、そもそも「株式会社」ではない自営業・有限会社・合資会社・合名会社等の従業員はどうなるのだ?

(答四・五)この二つの疑問に対しては、プラウト三原則の残り二つ「独占強制分割法と公正取引警察」「GDP比例式最高・最低賃金法」がそれぞれ対応する答えとなるだろう。

 まず問四について。名古屋におけるトヨタの下請けイジメの酷さ一つを見ても分かるとおり、いくら一つの企業内が民主化されても、その企業がシェアの八割も九割も占めるような寡占・独占企業だったのでは、その企業自体が専制君主と化してしまうのはおっしゃる通りである。「従業員株式保有制」が有効に機能するためには、その企業が、常に市場競争の荒波のなかにモミクチャにされていなければならないのだ。

 そこで登場するのがプラウト三原則の中の二つめ「独占強制分割法と公正取引警察」なのだが。

 勘の良い読者の方ならすぐに気付かれたことだろう。「独占強制分割法」とは「独占禁止法」の、「公正取引警察」とは「公正取引委員会」の、それぞれの拡大強化徹底版なのである。

 先々月(註:2007年当時)の当会のフォーラムフォーラムで水島愛一郎先生が語っていたとおり、アメリカのSEC(証券取引等監視委員会)は日本のそれと違い、検察と同じような逮捕権や強制捜査権まで認められた、非常に強力な組織なのだという。

 だがプラウトで唱える「公正取引警察」はそれよりもさらに強力で、なんと企業分割の強制執行権まで付与されているのである!

 すなわち現在のアメリカ(もちろん日本も)のように独占の疑いのある企業をまずSECが司法に訴え、反トラスト法違反であることを立証した後にようやく裁判所の企業分割命令を受ける、というような迂遠なものではない。「この企業は独占だ」と公正取引警察が判断したが最後、行政命令ひとつで有無を言わさずその企業を強制的に分割させることができるのである。そしてもし企業側がその分割を「不当だ」と感じるのなら、裁判に訴えて自らの潔白性を証明しなければならない、すなわち企業側に無罪の挙証責任を負わせる(推定有罪!)という、驚くべき制度をプラウトは提示しているのである。

 もちろんこれほど強大な権限を付与する以上、「公正取引警察」の独立性と中立性は、現在のSECよりもはるかに徹底したものにならなければならないだろう。また何をもって「独占」とみなすのか、その基準は誰にでもすぐ分かるような単純かつ明示的なものでなければならない。

 その基準とは何か。ラビ=バトラ博士は、次のような規則を唱えておられる。

 すなわち「各産業分野における上位五社のシェア合計が五〇%を超えるとき、その中でシェア上位の企業から順番に(上位五社のシェア合計が)五〇%未満になるまで、必要最低限の分割を繰り返す」というものである。

 (続く)

「寡占の民」は「官」に等しい!

※前回まで使用していた「従業員株式所有制」という用語は「従業員株式保有制」の間違いでした。お詫びして訂正します。

 前回私が紹介した「プラウト」三原則の一つ「従業員株式保有制」について、次のような疑問がよせられたので順を追って回答してみたい。

(問一)従業員が自社株の過半を保有するといっても、その元手には莫大な資金が必要なはず。そんな大金をお前は一体どこから持ってくるというのだ?

(答一) ストックオプション制度を応用すれば良い。つまり株式の時価に関係なく、あらかじめ定められた価格で全ての新入社員が新規発行株式を購入するよう義務付けるのだ。そして代金は、その社員の給与から何年間かかけて引き落とすようにすれば良い。もちろん最初のうちは、全社員が必要なだけの株式を購入する資金を提供するための無利息融資制度を公的機関で作る必要はあるだろう。


(問二)たとえ「従業員株式保有制」が実現したとしても、その株式を一部の従業員、例えばワンマン社長一人だけで独占したりしていたのでは、従業員に利益が行き渡らないのではないか。

(答二)おっしゃるとおり。そのためにこそ社員株は必ず全社員が分散して保有しなければならず、しかも一人あたり最大株式保有者と、最小株式保有者との持ち株数の格差は必ず十倍以下となるような規定を作らねばならない。またこれに伴い、社員株は株式市場では自由に売買できず、その社員が退社するときに初めて時価で売却できることや、新たに株式会社を立ち上げるときには、必要な役員の数を現在の会社法で定められている八人以上から十一人以上に増やすこと(何人も一人で五十%を超える株式を持てないようにするため)などの規定も必要になるだろう。

(問三)そもそも「日本式経営」自体、バブル崩壊以降は全く通用しなくなった時代遅れの経営システムじゃないか。そんなものに今さら「制度的裏付け」を与えて、それが一体何になるのだ?

(答三)色々批判はあるにせよ、現在もなお数少ない勝ち組企業として生き残っているトヨタとキャノンは、いずれも終身雇用制を維持し、株主への配当を常に後回しにしている「日本式経営」の実践者であることを見逃してはならない(逆に終身雇用制を捨て、能力別賃金制などを採用した企業は、富士通のようにことごとく失敗している)。バブル崩壊とその後の「日米経済再逆転」は、あくまでも日本経済最大のウィークポイントであった金融業をアメリカに狙い撃ちされたことが原因であり、日本式経営そのものがダメになったわけでは全然ないのである。

(続く)