記事一覧

「勝ち組」が嵌る欲望地獄

 ちょっと想像していただきたい。 昨日まで年収300万円のカツカツの貧乏生活をしていたA君が、ある日突然、年収3,000万円の高額所得者に大出世したと仮定しよう。 そのちょうど同じ時期に、それまで年収3,000万円の裕福な暮らしをしていたB君が、これまた突然、年収3億円の超高額所得者に大出世したと仮定する。 さてこのA君とB君の二人だが。 この急激な収入増による幸福感(もっと露骨に言えば快楽感)の...

続きを読む

新刊が出た!

 またもラビ=バトラ博士が新刊を出された(註:平成19年=キリスト歴2007年当時)。 『新たな黄金時代――腐敗政治と経済混乱が新時代の革命を生む』あ・うん発行、監訳には例によってペマ・ギャルポ氏が参加している。ちなみに初版発行日は平成19年5月1日だから、書店にはもう大量に出回っている事と思う。読者諸兄にもぜひ買って読んでいただきたいのだが、その前に一つだけ、あらかじめ注意しておきたい点がある。 ...

続きを読む

日本左翼の錯誤と犯罪

 ここでちょいと暴露というものをやってみよう(笑)。以前、本ブログで憲法論の連載をずっと続けていたA氏が、「『自分たちは安全地帯に閉じこもりながらタカ派的言辞を吐き、貧乏人の子弟ばかり危険な戦場に向かわせる卑怯な権力者たち』だって? それのどこが悪い!? 我々維新(革命)派にとっては大歓迎じゃないか!」という挑発的な文章を一時期盛んに書いていたことがあったが、実はそのネタ元はこの「社会循環説」なので...

続きを読む

「社会循環の法則」とは何か?

 これはラビ=バトラ自身というより、彼がヨーガの師と仰ぐシュリ=プラバート=ランジャン=サーカー(ヒンズー教系NGO団体「アナンダ・マルガ」の創始者)の唱えた説だそうだが。 世界中のいかなる国・いかなる時代においても、政治権力の源泉となるものは「武力」「知力」「財力」の三つしかない、とまず彼は喝破するのである。 そしてどんな政治権力もこの三要素をある程度は必ず備えているものだが、その全てを均等に備...

続きを読む

検証可能な的中予言

 「オカルト本の著者が、自らの予知能力の高さを喧伝するために『あの予言も的中した、この予言も的中した』などと触れ回る場合、その予言とは大抵、過去の事件に関するものである」 世間によくある未来予知本に対し、「と学会」などのオカルト批判者がよく口にする皮肉である。 これに対する最も強烈な反証例であり、また日本において「ラビ=バトラ」の名を広く知らしめるきっかけともなった著書がキリスト歴1985年5月に...

続きを読む

プロフィール

kennpoukouza

Author:kennpoukouza
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア