FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

RSS

わが私擬憲法案の概要

 それでは、前回なかば強引に区切りをつけた後を受け、今回より新章を始めようと思う。

 以前にも書いたことがあるが、五年ほど前(註:2005年当時からみて)、私は個人的に全十七章・二百ヵ条からなる私擬憲法案を作ってみたことがある。

 実を言うとこの連載も、当初はその時の案を紹介しつつ、逐条的に私自らが解説を加えていくような構成にするつもりであったのだが……何分、文章量が半端じゃない上、今読み返してみると、とても読者諸兄のお目にかけられるような代物ではなかったので、申し訳ないが原文そのものの公開は差し控えたいと思う。

 ただ幸いにと言うべきか、憲法そのものに対する根本的な考え方自体は、現在もその頃とほとんど変わりがない事も確認できたので、本章ではわが私擬憲法案に基づき、その主だった特徴を、ざっと紹介するところから始めてみたい。

 さて、わが憲法私案の概要であるが、大体次ぎのような特徴を挙げることができる。

①天皇の地位を、国家元首として明文化させる。
②自衛権と集団安全保障権を明文化させる。
③新しい人権の追加(環境権・知る権利・プライバシー権など)。
④政教分離原則について、皇室行事と殉国者追悼行事を例外とする規定の追加。
⑤首相公選制の導入。
⑥裁判官国民審査制度の廃止と、それに代わる裁判官選任委員会制度の新設。
⑦憲法裁判所の創設。
⑧道州制の採用。
⑨非常事態条項の新設。
⑩改憲要件の緩和。

……等、等。

 憲法について、多少なりとも心得のある方ならば、以上の箇条書きを読んだだけで、すぐにある点に気づかれた事と思う。
 そう。

 このわが「私擬憲法案」なるものの中身たるや、実をいうと、これまでに何度もこの連載で名前の出てきた、小林節・慶應大学教授の改憲案と、概ね同じなのである(恥)。

 「なんだつまらん。それなら何もお前なんかの改憲案を聴くまでもない。小林教授の著書を読めば十分じゃないか」

 そんなふうに呆れられた方もおられるかもしれない。あるいは

 「なんの個性も目新しさもない、陳腐な改憲案だ。この程度のものなら、なにも小林教授でなくても、そこら辺の保守オヤジどもの書いた改憲本が、いくらでも世に溢れてるぜ」

 と白ける方もおられるかもしれない。

 言っておくが、今私が述べたのは、あくまでも「概ね」すなわち「大まかな改憲の方向性については、小林教授の学説を支持する」といった程度の意味あいでしかない。細かい点では勿論教授と考えの異なるところもあるし、また教授が言及されたことのない問題点についても、色々私なりに考えたところもあるのだ。

 今回から述べるのは、そういった「小林流改憲案」と私の改憲案との相違点、または小林案に対する私なりの追加点である。

(続く)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す