FC2ブログ

買って応援! 1

↓ おい野党! 政権を批判したいなら、この問題で批判しろ!

買って応援! 2

FC2からのおすすめ

Googleからのおすすめ

Amazonからのおすすめ

楽天市場からのおすすめ

広  告  1

広  告  2

FC2拍手ランキング

RSS

書籍紹介『三島由紀夫が復活する』

小室直樹博士

 昨年末(註:キリスト歴2002年のことです)、いまや現代日本を代表する保守派論客とまで呼ばれるようになったあの小室直樹氏が、長らく絶版となっていた幻の名著『三島由紀夫が復活する』を、突如として毎日ワンズなる小出版社から再刊した。

 「なぜ今三島本? それもこんなマイナーな出版社から、小室本の中でも大して売れたとは言えない本をわざわざ?」

 一般の小室ファンにとっては、それは当然すぎるほどの疑問だったのだろう。確かに今回の再刊は、それほど深く三島思想にコミットしているわけではない者にとっては、ひどく唐突なものに思えたのも無理のないところである。

 しかし我々保守左派にとっては、特にその立場から小室本を愛読している者にとっては、 「どんなマイナーな出版社からでもいい! 今こそこの本を、一刻も早く世に広めなければ!」という氏の切羽詰った心情が、痛いほど強く理解できるのだ。

 今、なぜ『三島由紀夫が復活する』なのか。

 「どんなバカでも理解できるように、噛んで含めるようにやさしく、分かりやすく解説する」が信条の一般人向け小室本にしては珍しく、この本のテーマはかなり難解である。しかもその内容たるや『豊饒の海』の作品論から二・二六事件論、割腹までの経緯、果ては三島の仏教哲学理解に至るまでの広範囲にわたり、そのうえ(これまた小室本には珍しいことに)なにか特殊な事情があるのか、一番核心の部分については、故意に具体的な言及を避けているのである。2回や3回読み返したくらいでは、とても理解できるような浅い内容ではないのだ。

 当然のことながら、この本の詳しい内容についてはとてもここでは書ききれないので、皆さんには是非、自分でこの本を手にとって読んでもらいたいのであるが、あえて一つだけ言及しておくならば、この三島という男の思想たるや、決して「右翼」だの「保守派」だのというような手垢にまみれた言葉であらわせるような安っぽいものでは決してない、ということである。

 それはもはや、言葉や理屈をはるかに超越した「生き様」とでも言うしかないようなもの、血と汗と涙にまみれた、生の極限においてようやく感じ取れるような「魂の感触」とでも名づけるしかないようなもの、小室氏の弟子である宮台真司氏の言葉を借りれば「すごいもの」とか「輝かしいもの」と呼ばれるものへの、強烈なまでの指向、いや一体化願望である。そしてそこには、命すら惜しくはないと思えるほどの、狂おしいまでの行動への情熱、いや衝動が常に孕まれているのだ。

 それはとうてい、現状維持や伝統回帰を単純に望むだけの通俗的な(言い換えれば戦後的な)「保守」や「右翼」と相容れるものではないだろう。三島思想とは、すぐれて革命的な思想なのである(それにしても、ここまで的確に三島思想の核心を突き止めてみせたばかりか、その行動の奥には、さらに深い意味が隠されていることまで見抜いてのけたこの小室直樹という男もまた、他の軽薄な保守派文化人なんぞとは決して同列に論じられてはならないだろう。さすが、あの現代日本最強の論客にして大の保守オヤジ嫌いとしても知られる宮台真司氏から『師匠』として尊敬されるだけのことはある)。

 今、日本社会は急速に右傾化の方向にむかっているといわれる。

 特に昨年10月の小泉訪朝時に、北朝鮮の金正日が日本人拉致の事実を認めて以来、それまで「拉致はない」などと言い張って北朝鮮を弁護または支持してきた政治家や文化人、旧社会党系の政党や朝鮮総連などいわゆる「左翼勢力」の社会的信用がすっかり地に堕ちてしまったことにより、政府自民党や保守派文化人の行く手を遮る勢力が、ほとんどどこにもいなくなってしまったように思える。

 本紙(註:この小論が初掲された某政治紙)の読者である保守派や民族派を自認する方々には、こうした状況を「反日分子殲滅の絶好のチャンス」と見て、非常に好ましく受け取られる向きもあるかもしれない。

 だがちょっと待って欲しい。

 左翼・反日勢力が壊滅するのは良いとしても、そのことにより政府自民党や保守派文化人どもの行動に歯止めが効かなくなってしまうことが、果たして本当に好ましい状況なのだろうか。

 彼らこそ前述した「通俗的な『保守』や『右翼』」、すなわち我々三島思想の後継者を自認する者にとって、決して相容れることのできない、最も戦後民主主義的な俗物どもではないのか。

 彼らにとっての国防体制の維持とは、すなわち日米安保体制(=対米従属体制)の維持のことである。彼らにとっての守るべき伝統とは、ゼネコンの公共事業利権に代表される「既得権益の伝統」のことである。

 このままでは、たとえ反日分子が絶滅したとしても、その利益は、結局アメリカとその手先である一部保守派人士のみが独占することになり、他の多くの日本人には、結局今までどおりの、なんの輝きも凄みもない、ただただ怠惰で安逸な日々、絶望もない代わりに希望もない、無機的な、からっぽな、意味のない、価値のない暮らしのなかで、ゆっくりズルズルと衰亡していく世界が待っているだけではないか。

 そんな世界が、我々の望んだ世界であるはずがない!

 今こそ我々は、三島思想の原点に戻り、現状に対してはっきり「NO!」と言うべきときである。今この時期に小室氏が大急ぎでこの『三島由紀夫が復活する』を再刊したのも、まさにこの意思表示のためであり、我々もまた、この名著を熟読玩味し、三島の意思を現代に生かしていく、その先頭に立たなければならないのではないか。

(文責:管理人)


↓ 1日1回、ブログランキングを全ポチしての応援、ありがとうございます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 小室直樹 三島由紀夫 右翼 保守左派 保守右派
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す