FC2ブログ

買って応援! 1

↓ おい野党! 政権を批判したいなら、この問題で批判しろ!

買って応援! 2

FC2からのおすすめ

Googleからのおすすめ

Amazonからのおすすめ

楽天市場からのおすすめ

広  告  1

広  告  2

FC2拍手ランキング

RSS

そもそも「保守左派」とは何なのか(その7)

ポリティカルコンパスの解説(ニコニコ大百科編⑤)


 ニコニコ大百科からの引用に、もうウンザリされている方もいらっしゃるかもしれませんがもう少し我慢してくださいね。あとちょっとですからw。

ポリティカルコンパス1

 され、ここからはいわゆる「特定アジア」以外の各国に対する日本の保守左派の考え方となります。

アメリカと保守左派


 保守左派は、産業保護の観点から自由貿易に対して反対の立場であり、アメリカとの相互協力には消極的な姿勢を取る。 以下の点から保守左派はアメリカとの関係に否定的である。

⑴ 国家防衛の観点からの憲法改正と自衛隊の強化を推進する(アメリカは日本の軍備拡張には反対の立場)。
⑵ アメリカ(GHQ)が行った戦後教育に対して批判的。
⑶ 日本が他国間の戦争に巻き込まれることへの強い忌避感を持つ。
⑷ 自国産業と技術を守るために自由貿易に批判的。
⑸ 日本と関係が悪化している中国や韓国に対して、アメリカが断固たる態度を取ろうとしないこと、それに伴ってアメリカに対する信頼に懐疑的になっていること、中国韓国が周辺国の中では数少ない憲法改正に反対している国家であること(=日本が国際社会での影響力を増す)、アメリカが憲法改正の延長上にある軍事拡張に反対してること。

 などの理由がある。 

 といってもこれらは副次的でもあり、一番は「国家防衛のためには自衛隊の力を増す必要があり、そのためには憲法改正も必要である」という政治的理由と、前述した自由貿易への反対という立場から、アメリカとは距離を置こうとしているだけ(⑮)、と受け止めることもできる。

※ 前回・前々回に引き続き、こちらで箇条書き形式に整理し直しました。また例により、下線部+カッコ内丸付き数字は、管理人が興味を引いた箇所として後から付け加えたものです。後日まとめて解説いたします。

(文責:管理人)


↓ 1日1回、ブログランキングを全ポチしての応援、ありがとうございます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: ポリティカルコンパス 保守左派
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す