記事一覧

「明治憲法」体制はなぜ破綻したのか

 が、そうなると当然のことながら、次のような疑問が湧いてくるのを抑えることはできない。

 「その『天皇主権』をまさに明文化していたのが戦前の明治憲法だったんじゃないか。天皇が主権者としてそんなに信頼できる存在であるのなら、なぜ戦前における、陸軍の暴走を止めることができなかったのだ?」

 当然の疑問である。

 確かに「天皇主権」をなんのヒネリも無くそのまま打ち出した場合、実現するのはただの官僚専制政治でしかない(帝国陸軍も、官僚組織の一部である)。

 これは意外と誤解されやすいことのようだが、「天皇主権」といっても、実際に天皇自身が専制権力を振るうことなど、近代においてはまずあり得ない。あの膨大な国政事務を天皇一人でこなすことなど出来るわけがない以上、実際に権力を握るのは、その天皇の手足となって現実の国政に当たる者たち――すなわち官僚とならざるを得ないわけだ。

 とするならば、おかしなことになってくる。

 繰り返しになるが、憲法とは本来、「統治権力への命令」である。そして天皇主権下では、その主体は天皇になる。

 であるならば、日本においては、憲法は「(主権者たる)天皇から(統治権力の実態たる)官僚への命令」という形になるしかない。が、これでは通常の命令となんら変わりが無いではないか! この論理を貫徹したのでは、ことさらに憲法などというものを制定すること自体に意味がなくなってしまうのだ!

 さすがに明治政府も、これはおかしいと思ったのだろう。

 実際の明治憲法では、これは明治天皇が皇祖・皇宗・皇孝の神霊に誓約したもの、という形式を取っている。すなわち、天皇が自ら統治者の立場に身をおき、この憲法の制約を受けることを神に誓う、という体裁にしたのである。

 しかしこれでは、「『統治権力=リヴァイアサン』の行動を規制する」という憲法本来の役目が、なんら果たせなくなることは自明であろう。

 私個人は、あくまでも神霊実在論者のつもりである。

 が、だからといって、神霊が現実世界に、直接影響を与えることなど出来ないことくらいはわきまえている。

 憲法の遵守を神に誓う? それでもし憲法に違反する奴が出たら、どうやってそいつを処罰するのだ? 神霊がそいつに、神罰でもあてて下さるのか?(笑) 非現実にも、程があるというものだろう(もっとも、純宗教的には「大東亜戦争の敗北こそが神罰の最たるもの」とも言えるのだが)。

 皮肉な話だが、こんな矛盾が起こってしまった元凶は、明治政府が「天皇親政」をタテマエにし、天皇と官僚(特に軍隊)をあくまでも一体のものとして扱おうとしたところにあったと言える。明治政府を作り出した維新のスローガンが「王政復古」であり、実際それ以外に徳川幕府を倒しうるような強烈な大義名分が存在しなかった以上、それは確かにやむを得ないことであったのかも知れない。

 しかし、日本の歴史を振り返ってみればすぐにわかるように、皇室の伝統は本来「不執政」なのだ。

 天皇と官僚組織(に代表される全ての統治権力)とを完全に切り離し、権力機構を完全に独立して存在せしめる。その上で「主権者」たる天皇が、その権力機構に対し、「憲法」という名の命令を下す――。

 日本において、真に実効性のある憲法体制を構築するには、そういう回りくどいやり方をする以外に方法はないのではないだろうか。

(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kennpoukouza

Author:kennpoukouza
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア