FC2ブログ

買って応援! 1

↓ ついに出た「日本会議」完全応援本! さあ買って応援しよう!

買って応援! 2

↓ なるか平成最後のミリオンセラー! さあ買って応援しよう! 

FC2からのおすすめ

Googleからのおすすめ

Amazonからのおすすめ

楽天市場からのおすすめ

広  告  1

広  告  2

FC2拍手ランキング

RSS

究極の一手『常備軍付き世界連邦政府』構想!

 「世界の秩序を国家が連合して守るという国連の理念を本当に実行するためには、国連が専任の司令官を持つ常備軍を保有することがどうしても必要です。そのさい、各国は国力に応じてその費用を負担しなければなりません」

 「参考にすべきなのは、アメリカ憲法です。アメリカの政治システムは、上院と下院の二院制をとっています」

 「将来の国連は、各国が一名の代表を出す上院と、人口に応じた数の代表を各国が派遣する下院の二つから構成されることになるでしょう。もう一つ、各国のGDPに応じた議員数で構成される第三院が、必要になるかもしれません。このような制度の下でなら、国連が常備軍を持ち、世界の秩序維持にあたることが可能になるでしょう」

 「このような改革から、国連が世界政府になりうる道が開けます。やがて、国連は世界議会だけでなく大統領を持つことになるでしょう。強い行政権を持った強い大統領です。こうなったときに初めて、世界政府が誕生するということになるのです。国連は世界のどの国にも例外なく適用される世界法を持ち、常備軍をもってその法を施行することになるのです。その施行者が世界大統領であることは言うまでもありません」

 ……な、なんという逆説であろうか! グローバライゼーションに対する最も有効かつ決定的な反撃策が、よりにもよって最も反国民国家的主張たる『世界(連邦)政府』構想だったとは!

 しかし考えてみれば、これほど単純かつ論旨明快な反グローバライゼーション政策も他にはあるまい。

 要するに「『国境線という(国民国家の)限界を越えて資本が世界を自由自在に行き来する』からこれを統御することが出来ないというのなら、地球上の全地域をその主権領域とする『超』国民国家を一つ、打ち立ててしまえばいいじゃないか! そしてバヌアツだろうがケイマンだろうがモナコだろうがバルバドスだろうが、世界中どこまでもとことん追いかけていってこれに課税し、資本の逃げ場所をこの地球上から根絶してしまえ!」ということなのだから。

 正直、この『究極の反グローバライゼーション政策』をこの連載で紹介するのは勇気がいった。

 なにしろ我々のような保守左派系の団体というものは、世界中どこでも「世界連邦」的なものに対しては最も敵意を剥き出しにし、国民国家的なものに最も激しく執着するものと相場が決まっているものなのだから。

 わが国においても、「世界連邦」という言葉を聞いたとたん「サヨ妄想!」と切り捨てる輩が、民族派というよりむしろ保守派といわれる連中の中に大勢いるのが現状である。こんな「プラウトの世界連邦構想」などを発表しようものなら、それこそ「なんだ貫通信B、お前も鈴木邦男を見習ってサヨ転向かァ?」などとネトウヨあたりから揶揄されそうな事くらい、はじめっから十分予想できることなのである。

 しかし、とあえて問いたい。

 よその国ならともかく、こと日本の民族派思想に関する限り、「世界連邦政府」構想というものは決して敵対的ではない、むしろ極めて親和性の高いものなのではないか、ということをである。「プラウト」の本論からは少しはずれるが、次回はそのあたりを詳しく検証していってみたい。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す