FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

RSS

新刊が出た!

 またもラビ=バトラ博士が新刊を出された(註:平成19年=キリスト歴2007年当時)。

 『新たな黄金時代――腐敗政治と経済混乱が新時代の革命を生む』あ・うん発行、監訳には例によってペマ・ギャルポ氏が参加している。ちなみに初版発行日は平成19年5月1日だから、書店にはもう大量に出回っている事と思う。読者諸兄にもぜひ買って読んでいただきたいのだが、その前に一つだけ、あらかじめ注意しておきたい点がある。

 先月私が紹介した「社会循環の法則」について、今回の新刊でもやはり詳細に解説されてはいるのだが、その内容がどうも、誤解を招く表記になってしまっているのだ。

 先月も述べた通り、政治権力の源泉はあくまでも「武力」「知力」「財力」この三つしかない、というのがラビ=バトラ経済学の骨子である。だがこの新刊の第4章では、「武人の時代」「知識人の時代」「富裕者の時代」の他にもう一つ、あたかも「労働者の時代」があるかのような書き方になってしまっている。

 先週も紹介した博士の旧刊『ラビ=バトラの世界経済大崩壊』(徳間書店)でもはっきり記されており、またこの新刊でも正確に読解すれば分かることなのだが、「労働者」とは「武力」「知力」「財力」のいずれも持たない存在のことであり、ゆえにカール=マルクスの予言、じゃなかった科学的予測(笑)とは異なり「労働者」が支配階級になる時代など未来永劫、絶対にやって来ることはない、というのがラビ=バトラ経済学の核心なのである。

 もちろん現実の歴史においては、あたかも「労働者の時代」が実現したかのように見える時もあることはある。

 だがそれは、その一つ前の時代の権力(たいていは「富裕者の権力」)があまりにも腐敗し過ぎたあげく自壊してしまい、それに取って代わるべき新しい権力が、未だ生まれていない時期にエアポケットのように偶然誕生したものに過ぎず、しかも前述した通り「労働者」とはそもそも権力の源泉となるべき三つの力のいずれも持ってはいないのだから、結局は統治そのものが成り立たず、世界は混乱と無秩序のアナーキー状態に陥ってしまうというのが毎度お決まりの歴史のパターンなのである(皮肉なことに、その混乱状態を収めて新秩序を確立するのに最も向いているのが「武人」である)。

 日本でいえば、戦国時代こそが最も典型的な「労働者の時代」だろう。知行国制による「富裕者の支配」を固めていた守護大名権力が没落し、それに代わる典型的な武人権力=織田信長が登場するまで、日本社会は、全国的な社会秩序を生み出すことがついに出来なかったのだから。

 新刊を予備知識なしにいきなり読むのは危険である。そこで読者諸兄にはまず『ラビ=バトラの世界経済大崩壊』(徳間書店)を先に読んでから新刊に取り組むことをお勧めしたい。

 と、一通り新刊を紹介し終えたところで本題である(来週に続く)。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す