記事一覧

「無宗教」ではなく「多宗教」だ!

 勿論ここで私が唱えている「国立追悼施設」は、加藤紘一あたりが穏健派ぶって唱えているような「無宗教の」国立追悼施設などでは絶対にない。 穏健派どもは宗教的中立を図ろうとしてそう唱えているのであろうが、前々回までのこの連載をお読みになれば分かるとおり、「無宗教の」国立追悼施設など私に言わせれば、無神論者どもの神殿でしかないのだ。靖国神社の他に国立追悼施設をつくるのであれば、そこは「無宗教」ではなく「...

続きを読む

アーリントン墓地の風景

 前回の拙文の終り近くの、特に戦没者・殉国者の追悼・顕彰施設の問題について「お前は『国立追悼施設』案を認めるのか!」という批判があった(註:2006年当時)のでこれに答えておきたい。 なるほど、確かに前回の私の文章を読む限りでは、靖国神社と(千鳥が淵墓苑を母体とした)国立追悼施設の両方を国家護持とし、国民はそれぞれ好きなほうへ参拝すれば良い、と主張している折衷妥協案のようにも見える。そしてその読解...

続きを読む

お知らせ

 「貫通信の憲法講座は、この度「貫通信の広場」と改題し、憲法に限らない、様々な立場からの情報を発信していく広場となりました。 なお従来から更新を続けていた「憲法講座」は、今後は毎週1回、月曜日の更新となります。...

続きを読む

ながらくご迷惑・ご心配をおかけしました。

 本業多忙により、しばらくブログ更新を怠っておりましたことを深くお詫び申し上げます。 明日より、随時、更新を再開いたしますのであともうしばらくお待ちください。...

続きを読む