FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

RSS

2016年03月のエントリー一覧

  • 徴兵制普通選挙か志願兵制制限選挙か

     どちらがより優れた制度であるか。実を言うと、とっくの昔に答えは出ている。 兵隊の強さは、①傭兵→②募兵→③徴兵の順になることぐらい誰にでも分かることだろう(但し傭兵は、イザというとき全く役に立たないのだが)。小銃ぐらいしか扱えない徴兵と、ハイテク兵器を使いこなす傭兵や志願兵。どちらが強いかなんて小学生でもわかることだ。三島由紀夫が徴兵制に反対していた(意外に思われるかもしれないが、これは歴然たる事実...

  • 実在する『ハインライン・デモクラシー』

     読者諸兄の多くは、あまりにも荒唐無稽且つ突飛な発想に戸惑われたことだろう。「なんだやっぱりただのSF小説じゃないか。こんなウソ話をこんな場所に持ち出したりして、お前はいったい何が言いたいのだ」そう思われる方がいたとしても不思議ではない。 だが前回も述べたように、現代の欧米SFとは極めて高度な思考実験の域に達しているのだ。たとえフィクションであれ、現実に立脚した科学的根拠がない限り、作品として世に...

  • 『スターシップ・トルーパーズ』とはどんな話か?

     「なんだフィクションか」 前回末尾に記した私の一文で、こう白けられた読者諸兄も大勢おられよう。しかし一方では「なるほどそう来たか」とニヤリとされるSFファンの方も、きっと居たに違いないと私は信じている。 そう。何もアイザック・アシモフやアーサー・C・クラークの名前を出すまでもない。 欧米、特にアメリカSFの最高レベルの作品群ともなれば、それはもはや日本のお子チャマなSFモドキ作品などとは比べよう...

  • 『ハインライン・デモクラシ-』とは何か?

     命を賭け、身を危険にさらしてでも自らの属する共同体を護る。この最も実行困難な義務を果たし得た者にして初めて、その共同体の運営に口出しすることが許される――このような権利観は、欧米諸国ではごく普通に認識されていることである。 古代ギリシャで、奴隷を兵士に流用しようとした時、一旦彼らを解放して自由民にした後、改めて兵として徴募するという迂遠な手続きをわざわざ取ったという話も、要するにこの権利観が生きて...

  • 税金払ったくらいで主権者面すんな!?

    ※ 前回のこの連載末尾で、私が以前ある老人から聞いた話として「戦前の日本では、全て臣民は納税の義務を負う代わりに参政権を得るという具合に……」とあるのは「……全て臣民は納税の義務を負う代わりに自由権を得、兵役の義務を負う代わりに参政権を得るという具合に……」の間違いでした。そもそも私は、納税の義務と参政権との間には何の相関関係もないということを言いたいがためにこの言葉を引用したのに、これでは意味が全く逆...

  • 税金払えば参政権?

     ではそのような「国家を維持し、自らの生命・財産・権利を守るために必要なコストをも敢えて引き受ける」覚悟を持った「主権者としての責任感ある」国民像と、前述した「納税拒否野郎」のごときエゴイスティックな現実の国民との間にあるギャップを、我々は一体どう処理すべきなのか。 その前に、権利と義務との関係について、もう少し詳しく調べてみよう。 「在日外国人も日本国民と同じ条件で納税の義務を果たしているのだか...

  • 少なすぎる義務条項?

     今回から、現行憲法でいう第三章、すなわち「国民の権利と義務」に関する考察に入る。 「憲法とは、統治権力に対する国民からの命令である」という大原則に基づくならば、まさにこの条項こそが憲法全体の根幹をなす、最重要課題と断言しても差し支えはあるまい。 だが、前述の大原則をまるで分かっていない(分かろうともしていない)保守派諸氏の多くは、この条項がひどくお嫌いらしく、中には中川八洋のように「そもそも憲法...

  • 『連邦体験』が生んだ知恵

      元々ヨーロッパでは、複数の国家が合邦して一つの連邦国家を作ったり、逆に連邦が解散して複数の国家に(平和的・合法的に)分裂したりといったことは、歴史上何度も繰り返されてきたごく普通の経験である。 合邦のパターンにも色々あるが、典型的なものの一つに、合邦する複数の国家間で『連邦条約』とでも言うべきものを結び、合邦後は、その条約がそのまま新連邦国家の憲法になってしまう、というものがある(例・アメリカ...

  • 「最高法規」と国際法

     まずは現行憲法の第九八条を見てみよう。 「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅および国務に関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない」  ご存じ、最高法規条項というやつである。つまりこの国においては、この憲法こそが最高の価値基準であり、この憲法に反するいかなる命令も規則も一切無効、というわけだ。しかしこの条文、そのすぐ後には、何故か次のような第二項が続...

  • 9条1項の正しい解釈

     憲法について多少勉強された方なら誰でも知っている通り、現行憲法の9条1項というのは、左翼が盛んに喧伝しているような「世界に類を見ない先進的条文」なんかでは実は全くない。前述の『パリ不戦条約』の条文を、そのままなぞったものに過ぎないのだ。  「だから我々も昭和天皇の御遺志を尊重し、(パリ不戦条約そのままである)9条1項については追認する。しかしこの条約では、自衛戦争は勿論『陸海空軍その他の戦力の保...

  • 改憲派最大の弱点

    前回の続きに入る前に、最近、かの自民党草案をはじめとする保守派の改憲論議のなかでも多数派となってきている主張、すなわち「改憲といっても、九条一項については手を加えず、二項だけを改正の対象としよう」とする議論に対し、私が全く何の異論も加えず、むしろそれを当然の前提として話を進めてしまった点について一言、釈明しておきたい。 かの西村眞吾・元衆議院議員が、逮捕される直前(註:2006年当時のこと)に『た...

  • 我が『九条』私案

     ではこのあたりの問題について私、貫通信はどう考えているのか。貫通信流私擬憲法案の独自点で言えば、①と⑪がその回答となるだろう。 まず現行憲法の九条二項に替わる条文については、 「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、自衛のために必要な最低限度を超えて保持してはならない」 と、シンプルに『専守防衛』を宣言するだけに止めておく。 そして緊急事態については、別に『非常事態』条項を設け、何時、誰...

  • 自民党草案の問題点

     まずは自民党の新憲法草案を見てみよう。 第二章 安全保障九条の一 (現行と同じ)九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮権者とする自衛軍を保持する。2 自衛軍は、前項の規定による任務を遂行するための活動を行うにつき、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。3 自衛軍は、1項の規定による任務を遂行するための活動のほか、法律の定めると...

  • 公務員裁くのに証拠などいらん!

    前置きが長くなり過ぎたが、前回から続く疑問「人事院(=考試)の権限を拡大強化するのなら、公務員の身分保証は、逆に強まってしまうのではないか!?」に対する私の回答はこうである。 「その替わりにアメリカ式の弾劾裁判制度を導入し、全ての不良公務員を片っ端から議会がクビに出来るようにしておけば良い!」   具体的には「公務監察院(=会計検査院の拡大強化版)」が検事役となって問題公務員や不正公務員を片っ端から告...

  • 世界の弾劾裁判事情

     現行の憲法下では、罷免の訴追を受けた公務員を国会が裁判する弾劾裁判は、裁判官に対してだけ行うことが出来るとされている。しかも(細目を定めた)法律によると(弾劾裁判の)検事役である訴追委員と、裁判官役である裁判員は、衆参両院議員からそれぞれ同数ずつ選出する、とだけ定められているに過ぎず、どうも大雑把というか「(憲法がそういう制度を作れと命じているから)取り急ぎ形だけ整えてみました」という、法案作成...

  • 「日教組壊滅」こうすれば出来る!?

     ところで、ここまで読み進められた読者の中には、次のことに気づかれた方もおられるかと思う。 「この案だと人事院(=考試)の権限と独立性は、今よりむしろ強化されることになっちまうじゃねえか。昨今の公務員改革に逆行してるぞ!?」 そのとおり。確かに最近の行政改革案は、人事院の権限を縮小することによって公務員から身分保証を外し、公務員の人員削減をよりやりやすくする方向でばかり考えられている傾向がある。 だ...

  • 官僚同士で噛み合わせろ!

    具体的に説明しよう。 ○○の図①(諸事情により、図式の掲載はしばらく省略させていただきます)は、首相公選制が採用されたときの『二重の三権分立』体制のなかの内側、すなわち『行政内三権』それぞれの相関関係をあらわしたものである。 このうち行政実務を担当する「執政」は、見てのとおり首相が指名し、議会の助言と承認を得て任命する仕組みになっている。いわばフランス&フィンランドにおける首相と同じということであり、...

  • 『五権分立』ではなく『二重の三権分立』

     名称からも大体想像がつくとは思うが、「監察」とはすなわち官僚を監視し、何らかの不正を発見すればそれを告発し、場合によってはその官僚を排除する職務である。現代日本では辛うじて予算の執行についてのみ、会計検査院がそれに近い仕事をしているといえよう。 そして「考試」とは名前のとおり、こうした公務に就くに相応しいと思えるような人材を試験により選抜する職務である。現代日本では人事院がそれに近い仕事をしてい...

  • 巨大官僚制と中国

     多少なりとも政治史に詳しい読者諸兄のなかには、前回に私が書いた『公務監察院』『官吏考試院』という言葉を見て「何だ今どき孫文かよ」と笑われた方もおられるかと思う。 確かに、このブログのカンツー流私擬憲法案の独自点に載せた我が憲法私案の独自点⑨は、かの中国革命の父・孫文が『三民主義』とともに立ち上げた中国式民主主義の独自案『五権分立』(「司法」「立法」「行政」の通常の三権分立に、「監察」「考試」の二...

  • 首相は両権の緩衝材!?

     インドやドイツと違い、フランスとフィンランドでは、行政権が大統領と首相の間でほぼ折半されている。 これは一つには近代の「三権分立」制度に不可避な弊害――世の中が複雑化するに従い、行政の内容もどんどん高度化・専門化し、そこに付け込んで行政権力=官僚権力が他の二権を圧して肥大化してしまうという弊害――を少しでも緩和するという意味合いもあるが、より重要な目的として「大統領と議会の間を仲介する役目を首相が務...

  • アメリカは共和制の手本じゃない

     ところで読者諸兄は普通「共和制」というと、ついついアメリカの政治体制を思い浮かべてしまったりはしないだろうか? どうも「首相公選制は大統領制につながる」というトンチンカンな意見が反対派の中に根強くある原因の一つがここにあるようなのでハッキリさせておくが、共和制のサンプルとして、アメリカの政治制度は全く役に立たない。 そもそも殆どの共和制国家では、大統領(=国家元首)の他に首相(=最高行政官)がち...

  • 「直選権力」という両雄

     これに比べると、②の「首相の独裁者化」いや厳密には「立法と行政の間の、権力バランスの崩壊」防止策のほうは、はるかに難しいと言える。 「両雄並び立たず」という言葉があるように、およそどんな人間の集団でも、同程度の力を持つ者が二人トップに立てば、その間には必ず争いが発生するものである。ましてや「国会」と「公選首相」という、ともに国民の直接選挙で選ばれた「同程度の民主的正当性」を持つ権力機構が並び立っ...

  • 選挙のトーナメント戦

     一方、①と②の「政体論的批判」については、我々首相公選制賛成派もじっくりと考え、間違いが起こらぬよう、制度上の創意工夫をしっかりこらさねばならない問題であろう。 まず①の、「選挙の人気投票化」問題であるが、この解決策はさほど難しくはない。というか、すでにいくつかの国では、人気投票化防止のための様々な制度を導入し、ある程度の成果を挙げてきているのである。 例えば台湾では、⑴国会に議席を持つ政党の公認を...

  • 「宰相=君主」?

     いうまでも無いことだが、「大統領=President(プレジデント)=国家元首」と「首相=Primeminister(プライムミニスター)=最高行政官」とは、全くの別物である。そして私は、「国家元首を直接選挙で選ぼう」などとは一言も言っておらず、あくまでも「最高行政官を直接選挙で選ぼう」と言っているだけなのである。 それをいきなり「『首相公選制」とは実質『大統領制』のことである」などと言い切られ...

  • 首相公選制反対論の検証

     前回、ついに私は、自らが首相公選制論者であることを暴露してしまった。 そして予想どおりではあったが、本連載(2005年当時、この小論を連載していた紙上でのこと)に対する読者の批判も、今までで一番激しいものとなってしまった。 「やれ『革命』だの『抵抗』だの、保守派にしてはやけに物騒な言葉ばかり使う奴だなと思っていたら貴様、やっぱり共和主義者だったんだな! この売国奴め! 天誅を加えてやる!」などと...

  • 天皇元首化への秘策

     現在、日本国民のほぼ九〇%は皇室伝統(いわゆる天皇「制」)の維持を支持してると言われており、憲法第一章は、現行憲法のなかでも、最も安定した条文だとされている。しかし同時に、その皇室伝統維持を支持する国民のさらに九〇%(つまり全国民の八一%)が「象徴天皇制支持」派すなわち「現状維持」派であることも忘れてはならない。 この圧倒的な世論を見れば、政府自民党が「元首天皇制」に踏み込めなかったのも無理はな...

  • 自民党の新憲法草案

     八月二日(註:2005年当時)、自民党の憲法調査会が、憲法改正の草案を、初めて条文の形式で発表した。 朝日新聞にその全文が掲載されていたのでざっと目を通してみたのだが……ま、改めて言うべきことも特にないだろう。 「ポツダム改憲」などと揶揄する言葉が、既に弊紙上(註:当時この小論を連載していた新聞)でも何度か使われていることからも窺えるように、現在の親米自民党政権に、真にわが国の歴史・伝統・文化を反...

  • 貫通信流私擬憲法案の独自点

    ① 集団安全保障権の条文については、EU各国の憲法条文に倣う。② 徴兵制は必ずしも否定しないが、代わりに『良心的兵役拒否』の定義と権利を明文化しておく。③ 通常の国防軍(=元の自衛隊)とは別に、全く独立した指揮系統と最高司令官とを持つ『司法軍』および『監察軍』を新たに創設する。④ 新しい人権のうち『知る権利』と『プライバシー権』が衝突したときについては、『知る権利』のほうを優先させることをあらかじめ明...

  • わが私擬憲法案の概要

     それでは、前回なかば強引に区切りをつけた後を受け、今回より新章を始めようと思う。 以前にも書いたことがあるが、五年ほど前(註:2005年当時からみて)、私は個人的に全十七章・二百ヵ条からなる私擬憲法案を作ってみたことがある。 実を言うとこの連載も、当初はその時の案を紹介しつつ、逐条的に私自らが解説を加えていくような構成にするつもりであったのだが……何分、文章量が半端じゃない上、今読み返してみると、...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫