FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

RSS

2016年02月のエントリー一覧

  • 抵抗のためにこそ改憲を!

     ここでそろそろ、長く書き続けてきたこの問題に対する私の考えをまとめよう。 改憲に対する今の私の考えは、小林教授のいわば真逆である。 すなわち「たとえどんなにロクな議論も行われず、どんな最悪の手続きでどんな最悪な内容の憲法に改正されようとも『徴兵制』への可能性が少しでも残されている限りにおいて、改憲されないよりはマシである」ということだ。 ねえ斉藤貴男さん。 あなたは石原都知事を「人間ではない」と...

  • 読者の批判に答える(三)

     ここ数回、この連載で続いている権力と国民意識の問題について、読者諸兄(註:2005年当時、この小論を連載していた某紙の読者のことです)から次のような批判が届いているので、ここで答えておきたい。「この連載で、貫通はまるで暴力革命を肯定するような論調を展開している。まるで権力に抵抗する手段は武力闘争しかないとでも思っているようだ。世の中には武力によらない、平和的な抵抗手段だってあるはずではないのか?...

  • 実はチョロい日米の支配者

     ひるがえって、現代の日米両国の支配者はどうであろうか。 「自らは安全地帯に立てこもって『戦争』を叫ぶ」 これは一見、いかにも支配者としての特権的地位を最大限に利用したオイシイ(被支配者から見れば卑劣な)振る舞いのように思える。しかし長い目でみれば、支配者としてこれほど愚かな(そして我々から見ればオイシイ)振る舞いもないと言えるであろう。 何しろ庶民の子弟たちが戦場に追いやられ、戦士としての精神と...

  • 「国民」の怖さを知る者

     前回までは「自分たちは安全地帯に閉じこもりながら、口先では『愛国心』だのなんだのと好戦的言辞を吐いて国民を戦争に駆り立てる、現代の日米両国の政治家」に対し、第一次世界大戦時のイギリス貴族がいかに愚直なまでに『ノーブレス・オブリーシュ=高貴なるがゆえの義務』を実践していたかを説明した。といっても、それは「現代の政治家に比べ、かつてのイギリス貴族の道徳性がいかに高かったか」などという馬鹿げた比較論を...

  • 恐るべきイギリス貴族!

     「ノーブレス・オブリーシュ」という言葉がある。 塩野七生の本の読者ならお馴染みの言葉かも知れないが、要するに「高貴なるがゆえの義務(=貴族など、高い身分に生まれてきた者は、与えられたその特権に相応しい、特別な義務を果たさなければならない)という、古代ローマ時代からヨーロッパ貴族の間で代々継承されてきている、一種の道徳律のことだ。 具体的に言えば、その義務とは「戦場においては、支配階級=戦争責任者...

  • 田中芳樹の錯誤

     田中芳樹という小説家がいる。 『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』『創竜伝』などのヒット作品を次々と飛ばす、主に「アキバ系」の人たちに大人気のライトノベル作家だ。 その田中芳樹が、自己の小説において頻繁に登場させる悪役のステレオタイプがある。 いわく、常に好戦的な言辞を吐き、国民に対し祖国愛と献身の尊さをアピールして自国の若者たちを危険な戦場にどんどん送り込んでおきながら、自分(と家族)だけは常...

  • 江戸時代に逆戻りした戦後日本人

     そもそも明治維新以来、「文明開化」やら「富国強兵」やらのスローガンの元、一貫して時の政府が心を砕き続けてきたのは、「江戸時代の、あの羊のように従順だった農民や町人を、いかにして優秀な兵士に育て上げるか」だった。 外敵のいない江戸時代なら、民衆なんてものは臆病かつ従順であればあるほど、権力にとって都合がいいに決まっている。だが、帝国主義列強が覇を競う弱肉強食の時代となると、そうはいかなくなってくる...

  • 護憲論者の倒錯

     若松孝二は苛立つ。 「オレが今一番腹を立てているのは、日本人が怒りを忘れてしまったこと。何があっても知らん顔。今の国会もひどいのに、誰も怒ってないよね」 斎藤貴男などは、気も狂わんばかりにこうわめき散らす。 「(ブッシュや小泉のやり方を罵倒して)収奪や殺戮が美徳になる社会など冗談ではない。加害者の側に身を置くのも、被害を強いられるのも真っ平ごめんである。(中略)にもかかわらず、マジョリティは動か...

  • 官憲に、これ以上でかい口を叩かせないためにも

     「お前ら警察に逆らおうってのかい? へぇーそう。そういうつもりなわけね」 先日、都内で一斉に行われた都立高校の卒業式・入学式において「日の丸・君が代強制反対!」のビラを校門前で撒いていたPTAに対し、学校からの通報を受けて駆けつけたという警察が、辺りを厳戒態勢で取り囲みながら次々に投げかけたという罵詈雑言のうちの一つがこれである。 激辛〝スナック菓子〟評論家の佐高信なら「公僕のくせに、なんて傲慢...

  • 完全徴兵制は、若者の「政治的無関心」に対する最高の特効薬である!

     実を言うと、この投書より数週間前にも、同じような「徴兵制賛成」の意見が『週刊金曜日』の読者投稿欄に載ったことがあった。 その投書は「戦争防止」の観点からというよりも、むしろ聖路加病院の日野原重明氏の意見に賛成する形で「若いうちに兵役などで苦労しておくことは」云々といった、どちらかというと精神修養的な側面に重点を置いた意見だったのだが、その後の号では、当然のように猛反発を受けていた。曰く「人殺し集...

  • 凄い投書を見つけた!!

     普段は、時代に取り残されゆく反日左翼の断末魔を嘲笑するためだけに読んでいる『週刊金曜日』であるが。 ひと月ほど前(注:2005年当時)に発売された四月一五日号の読者投稿欄で、もの凄い文章を見つけたのでここに全文を紹介したい。「戦争がいやなら国民皆兵制にせよ」原眞(六九歳)医師 本誌四月一日号の「公安警察の〝裏の顔〟を読んでつくづく考えた。公安警察が暴走して、反戦ビラを配った人たちを長期間拘留した...

  • 復員兵たちの「指令」

     労働組合の世界では、上部団体から下部団体へ下す命令のことを、今でも「指令」と呼んでいる。 他にも「訓示」「闘争」など、「反戦平和」を標榜する左翼団体にしては、やけに軍事色の強い用語が頻繁に使われているのを、奇異に思われた方もけっこういるのではないかと思われる。 これは言うまでもなく、現在の労働組合のほとんどが、先の敗戦直後、戦地から帰ってきたばかりの復員兵たちによって結成されたためである。新しい...

  • 宮台、いいこと言った!

     宮崎 しかも、政府への抵抗に正当性がある場合には、その(=軍事・引用者註)訓練を受けた者たちはたちまち革命勢力に転化する。宮台 その通り。すなわち国民皆兵の理念だ。レジスタンスは国民皆兵の理念――国民軍の理念――なしにあり得ない。徴兵制による国民皆兵化で初めて市民軍やレジスタンスの基礎が築かれる。フランスで徴兵制廃止に反対したのは左翼レジスタンスたちだった。かくして「愛国」とは「国民を屠る国賊政治家...

  •  権力を拘束する「資格」

     件のインタビュー記事を読む限りでは、いろいろ細かいことも語られてはいるが、要約すればその焦点は一つ。 「『憲法とは、統治権力に対する国民からの命令(禁止)であってその逆ではない』という、憲法学上の一番基本的な常識を、今の二世・三世政治家どもは全くといっていいほど理解していない。いやむしろ、確信犯的に理解することを拒絶している」という点への苛立ちに尽きるようだ。 かの「憲法九条の会」を始め、最近ま...

  • 小林節の「裏切り」?

     「最近の憲法論議がすっかり嫌になってしまった(略)これは私の憲法学者としての教養と良心が言わせてる言葉だと思ってください」 「憲法とは人間の不完全性と人間の対等性を前提に、不完全な者同士の間で、放っておけば必ず堕落する権力というものにたがを嵌めるものです。これだけは譲れません」 「小泉政治の傲慢さと軽さに耐えられなくなりました(略)今の憲法の下でさえこうなのですから、改正された便利な憲法を彼らが...

  • 「主権」から逃げるな!

     と、いうわけでようやく本論に戻るわけだが、こうした近代的思考の特性から憲法について考えをめぐらせてみたとき、「あらゆる全ての物事に対し、何事をも成し得る無制限の支配力を持つ」主権という考え方もまた(元ネタは一神教的神観にあるとはいえ)「目的合理的に政治権力の極限を追求する」近代的政治思考ならではの産物であることがよく分かるだろう。 中川八洋その他の日本の自称・保守主義者どもは主権思想に対し、あた...

  • 日本はサムライの賜物

     一八五七年、時の老中、堀田正睦が、その後の幕府の外交方針について、次のような意味の覚書を残している。 「わが国の政策として、(諸外国とは)友好的な同盟関係を結ぶべきだと私は確信している。多くの国々に船を送って交易を求め、外国人が最も得意とするところを模倣し、自分たちの欠点を正し、国力を育み、武力を装備する。そうすることによって『少しずつ』外国人をわが国の影響下におき、最後にはすべての国家が完全な...

  • 『近代』という名のパワー

     よく「日本人は、未だに近代人になっていない」という批判が(左翼だけではなく最近は保守派の一部からも)聞かれる。「日本社会は、外見上は近代的だが、その内実は、いまだに封建的遺制を数多く残したままの未開社会である(→だから一刻も早く、日本人も日本社会も近代化しなければならない)」とも。 だがそもそも、なぜそんなに何がなんでも日本人や日本社会が近代化しなければいけないのだろうか?  欧米産の近代的な文...

  • 福田和也の立ちすくみ

    「あの野郎、日和っちまったのか?」 ウチの会長が、最近よくそんな文句をブツブツ呟いている。 かつては、会長らとともに散々反米的言辞を吐きまくっていた福田和也氏が、九・一一以降、なぜか公けの場所でのアメリカ批判をピタリと止めてしまったことについて、会長はどうやら、相当な不満を持っているらしい。 今、手元に資料がないので正確な引用はできないのだが、(アメリカ批判をやめた理由について)福田氏は確か、「圧倒...

  • 主権論は悪魔の思想?

     話がそれ過ぎてしまった。 私がこの本を取り上げた理由は、なにもこんな書評を延々と書き続けたかったからではない。これまでの私の連載の内容を全面否定するような「主権否定論」が、この本のなかで展開されていたという、その一点にあるのである。 「『国民主権』は暴政・革命に至る……主権がどこにあるかと問われるなら、どこにもない……(イギリスの)臣下のなかには国王に阿諛すべく、『国王主権』を言い出すものは少なくな...

  • 改憲の敵? 中川八洋

     「『国民の憲法改正』(ビジネス社)だってェ? あんなトンデモ本、いまさら一体何を語るべきことがあるのか?」 前号最終段落での私の予告を見た人のなかには、そう呆れられた方もいよう。 確かに。穏健派はもとより、世間的には相当極度な保守派・民族派と見られてるような人たちでさえ、この本の内容に全面的に賛同できる度胸のある人はまずいまいと思われる。 ざっと概観しただけでも、まずこいつは「憲法」というものの...

  • 読者(2004年当時の本論文掲載紙)からのご批判に答える2

     さて、前文私案の続きであるが、第二段落以降はとくにどうという内容はない。「平和」だの「基本的人権」だのといった語句をわざわざ入れることで、現行憲法との連続性をアリバイしてみたくらいで、その他のところは、どの国の憲法前文でも普通に規定されているような、単なる憲法目的の規定にすぎない(実は最終段落の文章に一箇所、ものすごい仕掛けを施してあるのだが、それを今ここで書くわけにはいかない)。 それよりも、...

  • わが前文私案解説(その2)

     続いて本私案では、「平成○○年~」以下の一文で、この憲法がいつ、誰の手によって、どのような根拠によって制定されたのかを明確にし、しかもそれは、日本国民による自由な選択の結果であることをはっきりと示している。 すなわち小林節流「合法改憲論」の明文化だが、これについては、最近少し考えていることがある。 近頃は憲法改正の機がいよいよ熟してきたとかで、世間では改憲派の意気もますます軒昂になってきているよう...

  • わが前文私案解説

     さて、わが前文私案である。 前々回にも予告したとおり、この拙文は小林節・慶応大学教授の唱えられる「合法改憲路線」と「民族の主体としての国民主権説=民族主権説」に基づいて私なりに頭をひねったものである。 世界各国の憲法前文を比較参照してみたところ、どの国の前文の構成もまず① いつ、誰がこの憲法を制定したのか(=憲法制定権力の特定)。② この憲法により保護される価値とは何か(=憲法の目的)。の二項目に...

  • 貫通信作・憲法前文私案

     「我ら日本国民は、我らが主君と仰ぐ日本国天皇陛下の祝福と賛意のもと、平成○○年○月○日に衆参両院議院において発議され、平成○○年△月△日に実施された直接国民投票による我ら日本国民の自由な意思表示の結果として、この憲法を採択し、制定する。 我ら日本国民は、この憲法に定められた国家の根本原理に基づき、日本国の統一、独立および平和を確保し、我ら日本国民一人一人の生命、財産および基本的人権を保障し、我らが先祖よ...

  • 憲法前文の条件

     「民族主権説」に基づく新憲法の条文を考える場合、その前文には、少なくとも次のような内容が盛り込まれてなければならないだろう。① まず文章全体を「我々日本国民は」で始め、この憲法全体の主語が日本国民であることをはっきりさせる。② ただしその「日本国民」とは「日本の歴史と伝統と文化」を体得し、それを尊重する者であるとし、日本国籍さえ持っていれば誰でも主権者になれるわけではないこともはっきりと示す。③ ...

  • 「民族主権説」の有効性

     先々月(注:2004年当時)の講演会の講師として来られた小林節・慶応大学教授は、ご自身の唱えられる新憲法の主権者として「それは民族の主体としての国民にあり」とする独自の「民族主権説」とでも称すべき新説を提示された。 憲法改正が、いよいよ現実の政治日程にのぼりつつあり、しかもそこでは我々の本来的主張である「天皇主権の復活」がまともに取り上げられる可能性はほとんど期待できない現在、この「民族主権説」...

  • 官僚=戦後日本の主人!

     そもそも「天皇の官僚」という意識を持つ者が、そうそうたやすく堕落などできるものではない。何か不祥事でも起こそうものなら、それはそっくりそのまま主君である天皇陛下の恥になってしまうのだから、そんな不忠なマネが簡単に犯せるわけがないのだ。 だがそんな「天皇の官僚」意識も、戦後世代への交代が進むに連れて、次第に彼らの中から消え失せていった。そして何度も書いてきたとおり、この国では「国民主権」など絶対に...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫