FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

RSS

2016年01月のエントリー一覧

  • 「法人主権説」の正体

    そもそも法人主権説とは、一体どのような学説なのだろうか? 勘の良い読者の中には、この「法人」という言葉を聞いて、戦前の「天皇機関説」を連想された方もおられるかもしれない。 そう、まさにそのとおり! この「法人主権説」とは、「天皇機関説」の論理をそっくりそのまま主権論に流用してきただけのシロモノでしかないのだ! すなわち、国家を一つの法人と見なし、天皇でも国民でもなく、この法人にこそ日本国の主権が宿...

  • 『天皇教』にも宗教改革が必要だ!

     ここまで書けば、前々回に私が述べた「憲法に違反する奴」とは、もっぱらこの「君側の奸=天皇の権威を独り占めする者ども」のことを指していることがお分かりになるだろう。 かつて山本七平や小室直樹らは、西洋におけるプロテスタンティズムのような近代化の原動力としての役割を、日本においてはもっぱら『天皇教』(神道とは厳密に区別された意味での)が務めたことを解明した。 だが一方では、この『天皇教』は、日本人の...

  •  某読者氏からの批判に答える

     前回の拙文に対し、某読者氏(注:2004年当時にこの小論を掲載していた新聞の読者のことです)から非常に重要な問題点をついていると思わせる批判が二つ届いたのでここで紹介したい。① 「それでもし憲法に違反する奴が出たら」とは何事だ! 貴様は、天皇陛下が自ら御定めになった憲法を、自ら破られることがあり得るとでもヌかすつもりか!② 「皇室の伝統は本来『不執政』」などと簡単に決め付けないでもらいたい。天皇が...

  • 「明治憲法」体制はなぜ破綻したのか

     が、そうなると当然のことながら、次のような疑問が湧いてくるのを抑えることはできない。 「その『天皇主権』をまさに明文化していたのが戦前の明治憲法だったんじゃないか。天皇が主権者としてそんなに信頼できる存在であるのなら、なぜ戦前における、陸軍の暴走を止めることができなかったのだ?」 当然の疑問である。 確かに「天皇主権」をなんのヒネリも無くそのまま打ち出した場合、実現するのはただの官僚専制政治でし...

  • 天皇恐るべし!

    前回では、現行憲法の基本三原則の一つである「国民主権」が、そもそもわが国では成り立ち得ない―わが国の「国体」には馴染まない、などといった曖昧な理由によるものではなく、根本的に実行不可能である→たとえ無理やり憲法の条文に「国民主権」の字句を盛り込んだとしても、それが実現することは絶対にない(論より証拠、戦後日本を見よ!)―ことを論証した。 さて、「国民主権」が実行不可能ということになると、残された選択...

  • 日本国民に「主権者」たる資格などない!

      では欧米ではどうなのだろう? 日本と違い、かの国々では一応「国民主権」という前提が機能しているように見えるが? 彼らは一体、どうやって「リヴァイアサン」を手なずけることに成功したのだろうか?  歴史をひも解けば、答えは簡単に見つかる。すなわち日本と違い、かの国々では、少なくとも過去に一たびは、国民が「リヴァイアサン」を打ち倒した=「市民革命」を成功させたという実績があるのだ! 国民が権力に対し...

  • 「リヴァイアサン」に命令?

     以前の本ブログで私は「『新しい憲法をつくる国民会議』の発表した憲法案の前文は、主語が明確になっていない」と指摘していた(新憲法の主体は誰かを参照のこと)。 つまりこの憲法は、「誰が誰に向けて発した命令」なのか、言い換えれば「この憲法を発した者=この国の主権者」が誰なのか、この憲法案の前文からは読み取れない、と私は言ったのだ。 ちなみに、旧明治憲法の主語は天皇であった。すなわち天皇が主権者である。...

  •  我々「保守左派」の取るべき姿勢

     このことは同時に、大塚英志の唱える『憲法原理主義』(占領下だろうとなんだろうと、形式的な手続きをきちんと踏んで改正した以上、現行憲法は有効だ、とする立場)を否定するもう一つの根拠にもなりえよう。たとえ占領下でなくとも、憲法の基本的原理を歪める改正など許されるはずがないのだから。 もし向こうが宮澤俊義の『八月革命説』あたりを持ち出してきて、あくまでも「現行憲法は有効だ」と言い張るのならそれこそこち...

  • 卑怯なり井上ひさし!

     マスコミ文化人のなかでも、大塚英志と並ぶ強硬な護憲派として知られる井上ひさしが、五年前(注:2004年当時から見て。つまり1999年のこと)に日本共産党の不破哲三と共著で出した本『新・日本共産党宣言』(光文社)の九八ページから一〇一ページにかけて、大体次のような意味のことを述べている。 「第九六条の手続きに従いさえすればどんなふうにでも憲法を変えられるかというとそうではない。憲法の前文には『これ...

  • 新憲法の主体は誰か?

     その内容についてもしかり。ざっと一読したところ、この新憲法案の前文では、「日本の伝統、文化」とか「天皇制の堅持」(この天皇「制」という言葉も問題なのだが)といったことを謳いあげながら、同時に「自由」「平等」「民主主義」といった戦後民主主義的な言辞をも並列させ、ついでに「自然との調和」といった最近流行りのエコロジカルな言葉を、まるで新趣向でもこらすかのように飾り付けただけ、といったような印象であり...

  • 長すぎる前文

     今回からさっそく、『新しい憲法をつくる国民会議』が発表した新憲法案要旨の、その内容についての検討を試みてみたい。 まず前文から……ということで早速全文引用してみようと思ったのだが、残念ながら断念せざるを得なかった。ここで引用するには、あまりにも長文すぎるからだ。 なぜこんなに長い前文が必要なのか? 多少、憲法問題に詳しい人なら知ってのとおり、明治憲法には前文などなかった。そもそも法律に前文をつける...

  • 保守右派は「憲法制定権力」になれるか?

     では日本においては、何者がこの「憲法制定権力」となっているのであろうか。 明治憲法においては、それは天皇(と、その権力実体である伊藤博文たち元老)である。 現行憲法においては、それはGHQである。が、その時日本は、彼らによる占領下にあり、従ってその占領が解かれた段階で、実体としての「憲法制定権力」は消滅してしまっている。 では、今回保守右派によって「合法的に改憲」される憲法の「制定権力」は? そ...

  • 「憲法制定権力」の問題

     「何? 神が万物を創った? ではその神を創ったのは一体誰なのだ?」 その昔、新井白石がイタリアの宣教師であるジュアン・シドッチを尋問した際に、彼の説くキリスト教の教義を聞いて、思わず発したとされる疑問である。 実はこれと似たような問題が、憲法をめぐる論議のなかにも存在する。 言うまでもなく憲法とは、立憲国家においては、国の最高法規であり、あらゆる全ての権力行為の正当性を保障する根源である。いかな...

  •  渡部昇一の「極論」

     前回では、最近とみに高まりつつある、保守右派による「現行憲法第九六条の規定に基づいた、合法的改憲」を求める流れに対し、本来「現行憲法それ自体(もちろん第九六条も含めて)に効力はない」とする我々保守左派は、論理的に賛同してはいけないのではないか、という疑問を提起した。 これについては、前号でも名前の出た渡部昇一が、竹村健一・日下公人との共著で最近(注:2003年当時)出した本『すべては歴史が教えて...

  • 「改憲」か「破棄」か「失効」か「無効」か

     言うまでもないことだが、現行の日本国憲法には、法的にも歴史的にも政治的にも、その他いかなる意味においても、正当性は全くない。たとえいかに形式上は法的な手続きを踏まえて成立したように見えようとも、それが日本自身に独立国としての主権が一切ない占領下において行われたものである以上、そんなものは馬鹿げた茶番劇でしかない。 (憲法原理主義者の大塚英志は「〈憲法制定が〉占領下故に無効であるとするなら、現在ま...

  • (日本版ポリティカルコンパスでいう)保守右派の改憲動向

     すでに旧聞に属することになってしまったが、「新しい憲法をつくる国民会議」が、今年(注:2003年のこと)の五月三日・憲法記念の日に、会としては初めての、日本国憲法の全面改正案を発表した。 国会議員の有志によってつくられている「自主憲法期成議員同盟」と姉妹関係にあり、また、自民党の憲法調査会に対しても大きな影響力を持つとされる「国民会議」のことだから、近い将来、もし本当に憲法が改正されるとするなら...

  • 護憲派が共闘を呼びかけてきた!(3)

     先の都知事選の直前、都議会の質疑応答で、ある共産党の議員が石原慎太郎都知事(2003年当時)に対し、「あなたの言動には憲法違反の疑いがあるものが多すぎる」と問い詰めたことがあった。そしてそれに対し、石原はなんとこう返答したのだ。 「違反で結構。私は憲法を認めません!」 いうまでもなく、現行憲法第九十九条には「天皇および議員・公務員らの、この憲法に対する尊重および擁護の義務」が明記されている。そし...

  • 護憲派が共闘を呼びかけてきた!(2)

     この大塚氏が提案したような逆説的な憲法利用が、一定の効力を持ちえた時代も確かにあっただろう。たとえば湾岸戦争の頃なら、まだ冷戦が終了して間もない時期でもあり、国民の間の、占領憲法への幻想もまだまだ無視できないほど強固なものであったと言える。 しかし、いかなる幻想も永遠のものではありえない。たとえそれが「平和を心から願う憲法幻想」であったとしてもだ。 ここで突然だが、「憲法は成文法ではなく、本質的...

  • 護憲派が共闘を呼びかけてきた!(1)

     角川書店から2003年3月に発売にされたムック『新現実』VOL2に収録されている小文「『反戦』を言葉にするための根拠」の中で、「憲法原理主義」を標榜する評論家の大塚英志が、我々改憲派陣営に対し、次のような「イラク侵略協力反対」共闘の呼びかけを行っていた。  「『九条』を根拠に、日本政府の、アメリカによるイラク攻撃支持に反対することこそが、アメリカの『占領』政策に対して日本国の自主独立や主体性を示...

  • はじめまして

     貫通信と申します。 以前、某紙上で連載していた(日本版ポリティカルコンパスでいう)保守左派の立場からの改憲論について、広く皆様にもご共有いただけたらと思い、ふつつか者ながらこの度ブログを開設させていただくことになりました。 ご意見・ご批評等いただけたら幸いに存じます。 どうぞよろしくお願いいたします。※ 「日本版ポリティカスコンパス」について、詳しくはコチラをご覧ください。...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫