FC2ブログ

買って応援! 1

↓ ついに出た「日本会議」完全応援本! さあ買って応援しよう!

買って応援! 2

↓ なるか平成最後のミリオンセラー! さあ買って応援しよう! 

FC2からのおすすめ

Googleからのおすすめ

Amazonからのおすすめ

楽天市場からのおすすめ

広  告  1

広  告  2

FC2拍手ランキング

RSS

タグ:法人主権説 のエントリー一覧

  • 官僚=戦後日本の主人!

     そもそも「天皇の官僚」という意識を持つ者が、そうそうたやすく堕落などできるものではない。何か不祥事でも起こそうものなら、それはそっくりそのまま主君である天皇陛下の恥になってしまうのだから、そんな不忠なマネが簡単に犯せるわけがないのだ。 だがそんな「天皇の官僚」意識も、戦後世代への交代が進むに連れて、次第に彼らの中から消え失せていった。そして何度も書いてきたとおり、この国では「国民主権」など絶対に...

  • 「法人主権説」の正体

     そもそも法人主権説とは、一体どのような学説なのだろうか? 勘の良い読者の中には、この「法人」という言葉を聞いて、戦前の「天皇機関説」を連想された方もおられるかもしれない。 そう、まさにそのとおり! この「法人主権説」とは、「天皇機関説」の論理をそっくりそのまま主権論に流用してきただけのシロモノでしかないのだ!↑ 美 濃 部 達 吉 すなわち、国家を一つの法人と見なし、天皇でも国民でもなく、この法...

  • 『天皇教』にも宗教改革が必要だ!

     ここまで書けば、前々回に私が述べた「憲法に違反する奴」とは、もっぱらこの「君側の奸=天皇の権威を独り占めする者ども」のことを指していることがお分かりになるだろう。 かつて山本七平氏や小室直樹博士らは、西洋におけるプロテスタンティズムのような近代化の原動力としての役割を、日本においてはもっぱら『天皇教』(神道とは厳密に区別された意味での)が務めたことを解明した。↑ 山 本 七 平 氏 だが一方では...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫