FC2ブログ

買って応援! 1

↓ ついに出た「日本会議」完全応援本! さあ買って応援しよう!

買って応援! 2

↓ なるか平成最後のミリオンセラー! さあ買って応援しよう! 

FC2からのおすすめ

Googleからのおすすめ

Amazonからのおすすめ

楽天市場からのおすすめ

広  告  1

広  告  2

FC2拍手ランキング

RSS

タグ:改憲 のエントリー一覧

  •  権力を拘束する「資格」

     件のインタビュー記事を読む限りでは、いろいろ細かいことも語られてはいるが、要約すればその焦点は一つ。 「『憲法とは、統治権力に対する国民からの命令(禁止)であってその逆ではない』という、憲法学上の一番基本的な常識を、今の二世・三世政治家どもは全くといっていいほど理解していない。いやむしろ、確信犯的に理解することを拒絶している」という点への苛立ちに尽きるようだ。 かの「憲法九条の会」を始め、最近ま...

  • 小林節の「裏切り」?

     「最近の憲法論議がすっかり嫌になってしまった(略)これは私の憲法学者としての教養と良心が言わせてる言葉だと思ってください」 「憲法とは人間の不完全性と人間の対等性を前提に、不完全な者同士の間で、放っておけば必ず堕落する権力というものにたがを嵌めるものです。これだけは譲れません」 「小泉政治の傲慢さと軽さに耐えられなくなりました(略)今の憲法の下でさえこうなのですから、改正された便利な憲法を彼らが...

  • 改憲の敵? 中川八洋

    ↑ 中 川 八 洋 「『国民の憲法改正―祖先の叡智日本の魂』(ビジネス社)だってェ? あんなトンデモ本、いまさら一体何を語るべきことがあるのか?」 前回最終段落での私の予告を見た人のなかには、そう呆れられた方もいよう。 確かに。穏健派はもとより、世間的には相当極度な保守派・右派と見られてるような人たちでさえ、この本の内容に全面的に賛同できる度胸のある人はまずいまいと思われる。 ざっと概観しただけでも...

  • 読者(2004年当時の本論文掲載紙)からのご批判に答える2

     さて、前文私案の続きであるが、第二段落以降はとくにどうという内容はない。 「平和」だの「基本的人権」だのといった語句をわざわざ入れることで、現行憲法との連続性をアリバイしてみたくらいで、その他のところは、どの国の憲法前文でも普通に規定されているような、単なる憲法目的の規定にすぎない(実は最終段落の文章に一箇所、ものすごい仕掛けを施してあるのだが、それを今ここで書くわけにはいかない)。 それよりも...

  • わが前文私案解説(その2)

     続いて本私案では、「平成○○年~」以下の一文で、この憲法がいつ、誰の手によって、どのような根拠によって制定されたのかを明確にし、しかもそれは、日本国民による自由な選択の結果であることをはっきりと示している。 すなわち小林節流「合法改憲論」の明文化だが、これについては、最近少し考えていることがある。 近頃は憲法改正の機がいよいよ熟してきたとかで、世間では改憲派の意気もますます軒昂になってきているよう...

  •  我々「保守左派」の取るべき姿勢

     このことは同時に、大塚英志の唱える『憲法原理主義』(占領下だろうとなんだろうと、形式的な手続きをきちんと踏んで改正した以上、現行憲法は有効だ、とする立場)を否定するもう一つの根拠にもなりえよう。たとえ占領下でなくとも、憲法の基本的原理を歪める改正など許されるはずがないのだから。↑ 宮澤俊義 もし護憲派が宮澤俊義の『八月革命説』あたりを持ち出してきて、あくまでも「現行憲法は有効だ」と言い張るのなら...

  • 卑怯なり井上ひさし!

     マスコミ文化人のなかでも、大塚英志と並ぶ強硬な護憲派として知られる井上ひさしが、5年前(注:平成16年=キリスト歴2004年当時から見て。つまり平成11年=キリスト歴1999年のこと)に日本共産党の不破哲三と共著で出した本『新・日本共産党宣言』(光文社)の98ページから101ページにかけて、大体次のような意味のことを述べている。 「第96条の手続きに従いさえすればどんなふうにでも憲法を変えられる...

  •  渡部昇一の「極論」

     前回では、最近とみに高まりつつある、保守右派による「現行憲法第96条の規定に基づいた、合法的改憲」を求める流れに対し、本来「現行憲法それ自体(もちろん第96条も含めて)に効力はない」とする我々保守左派は、論理的に賛同してはいけないのではないか、という疑問を提起した。  これについては、前回でも名前の出た渡部昇一が、竹村健一・日下公人との共著で最近(注:平成15年・キリスト歴2003年当時)出...

  • 「改憲」か「破棄」か「失効」か「無効」か

     ↑福田恆存 言うまでもないことだが、現行の日本国憲法には、法的にも歴史的にも政治的にも、その他いかなる意味においても、正当性は全くない。たとえいかに形式上は法的な手続きを踏まえて成立したように見えようとも、それが日本自身に独立国としての主権が一切ない占領下において行われたものである以上、そんなものは馬鹿げた茶番劇でしかない。  (憲法原理主義者の大塚英志は「〈憲法制定が〉占領下故に無効で...

  • 護憲派が共闘を呼びかけてきた!(1)

     角川書店から平成15年(キリスト歴2003年)3月に発売にされた『新現実 Vol.2 (カドカワムック (178))』に収録されている小文「『反戦』を言葉にするための根拠」の中で、「憲法原理主義」を標榜する評論家の大塚英志が、我々改憲派陣営に対し、次のような「イラク侵略協力反対」共闘の呼びかけを行っていた。 ↑ 大塚英志 「『九条』を根拠に、日本政府の、アメリカによるイラク攻撃支持に反対することこそが、アメ...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫