FC2ブログ

プロフィール

貫通信

Author:貫通信
管理人:チームのまとめ役。普段は表に出てこない。
オカルト君:憲法問題担当。特に政教分離や皇室祭祀の問題に詳しい。
鉄ヲタ君:経済政策担当。特に物流や交通政策に詳しい。
プヲタ君:安全保障問題担当。特に武道や格闘技関係に詳しい。
アニヲタ君:文化・芸術政策担当。特に「クールジャパン」問題に詳しい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

タグ

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

保守左派とは何か(用語解説)

保守左派のための憲法講座

保守左派のための経済学講座

RSS

タグ:憲法 のエントリー一覧

  • 貫通信作・憲法前文私案

     「我ら日本国民は、我らが主君と仰ぐ日本国天皇陛下の祝福と賛意のもと、平成○○年○月○日に衆参両院議院において発議され、平成○○年△月△日に実施された直接国民投票による我ら日本国民の自由な意思表示の結果として、この憲法を採択し、制定する。 我ら日本国民は、この憲法に定められた国家の根本原理に基づき、日本国の統一、独立および平和を確保し、我ら日本国民一人一人の生命、財産および基本的人権を保障し、我らが先祖よ...

  • 憲法前文の条件

     「民族主権説」に基づく新憲法の条文を考える場合、その前文には、少なくとも次のような内容が盛り込まれてなければならないだろう。① まず文章全体を「我々日本国民は」で始め、この憲法全体の主語が日本国民であることをはっきりさせる。② ただしその「日本国民」とは「日本の歴史と伝統と文化」を体得し、それを尊重する者であるとし、日本国籍さえ持っていれば誰でも主権者になれるわけではないこともはっきりと示す。③ ...

  • 「民族主権説」の有効性

     先々月(注:平成16年=キリスト歴2004年当時)の講演会の講師として来られた小林節・慶応大学教授は、ご自身の唱えられる新憲法の主権者として「それは民族の主体としての国民にあり」とする独自の「民族主権説」とでも称すべき新説を提示された。 憲法改正が、いよいよ現実の政治日程にのぼりつつあり、しかもそこでは我々の本来的主張である「天皇主権の復活」がまともに取り上げられる可能性はほとんど期待できない現...

  • 官僚=戦後日本の主人!

     そもそも「天皇の官僚」という意識を持つ者が、そうそうたやすく堕落などできるものではない。何か不祥事でも起こそうものなら、それはそっくりそのまま主君である天皇陛下の恥になってしまうのだから、そんな不忠なマネが簡単に犯せるわけがないのだ。 だがそんな「天皇の官僚」意識も、戦後世代への交代が進むに連れて、次第に彼らの中から消え失せていった。そして何度も書いてきたとおり、この国では「国民主権」など絶対に...

  • 「法人主権説」の正体

     そもそも法人主権説とは、一体どのような学説なのだろうか? 勘の良い読者の中には、この「法人」という言葉を聞いて、戦前の「天皇機関説」を連想された方もおられるかもしれない。 そう、まさにそのとおり! この「法人主権説」とは、「天皇機関説」の論理をそっくりそのまま主権論に流用してきただけのシロモノでしかないのだ!↑ 美 濃 部 達 吉 すなわち、国家を一つの法人と見なし、天皇でも国民でもなく、この法...

  • 『天皇教』にも宗教改革が必要だ!

     ここまで書けば、前々回に私が述べた「憲法に違反する奴」とは、もっぱらこの「君側の奸=天皇の権威を独り占めする者ども」のことを指していることがお分かりになるだろう。 かつて山本七平氏や小室直樹博士らは、西洋におけるプロテスタンティズムのような近代化の原動力としての役割を、日本においてはもっぱら『天皇教』(神道とは厳密に区別された意味での)が務めたことを解明した。↑ 山 本 七 平 氏 だが一方では...

  •  某読者氏からの批判に答える

     前回の拙文に対し、某読者氏(注:平成16年=キリスト歴2004年当時にこの小論を掲載していた新聞の読者のことです)から非常に重要な問題点をついていると思わせる批判が二つ届いたのでここで紹介したい。 ① 「それでもし憲法に違反する奴が出たら」とは何事だ! 貴様は、天皇陛下が自ら御定めになった憲法を、自ら破られることがあり得るとでもヌかすつもりか! ② 「皇室の伝統は本来『不執政』」などと簡単...

  • 「明治憲法」体制はなぜ破綻したのか

     が、そうなると当然のことながら、次のような疑問が湧いてくるのを抑えることはできない。 「その『天皇主権』をまさに明文化していたのが戦前の明治憲法だったんじゃないか。天皇が主権者としてそんなに信頼できる存在であるのなら、なぜ戦前における、陸軍の暴走を止めることができなかったのだ?」 当然の疑問である。 確かに「天皇主権」をなんのヒネリも無くそのまま打ち出した場合、実現するのはただの官僚専制政治でし...

  • 天皇畏るべし!

     前回では、現行憲法の基本三原則の一つである「国民主権」が、そもそもわが国では成り立ち得ない―わが国の「国体」には馴染まない、などといった曖昧な理由によるものではなく、根本的に実行不可能である→たとえ無理やり憲法の条文に「国民主権」の字句を盛り込んだとしても、それが実現することは絶対にない(論より証拠、戦後日本を見よ!)―ことを論証した。 さて、「国民主権」が実行不可能ということになると、残された選...

  • 日本国民に「主権者」たる資格などない!

     では欧米ではどうなのだろう? 日本と違い、かの国々では一応「国民主権」という前提が機能しているように見えるが? 彼らは一体、どうやって「リヴァイアサン」を手なずけることに成功したのだろうか?↑『リヴァイアサン』著者、トマス・ホッブス 歴史をひも解けば、答えは簡単に見つかる。 すなわち日本と違い、かの国々では、少なくとも過去に一たびは、国民が「リヴァイアサン」を打ち倒した=「市民革命」を成功させた...

≪前のページ≪   1ページ/3ページ   ≫次のページ≫