記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

お詫びとご報告

 長い間、ブログの更新をストップしておりまして誠に申し訳ございませんでした。 ただいま、本ブログの全面リニューアルのため、鋭意準備を進めているところであります。 皆様方には今しばらくお待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。 なおリニューアル後は、新に「広場」という名にふさわしい、多種多彩なブログとする予定にございます。...

続きを読む

愛国者よ、ラビ=バトラを学べ!

 とはいえ「ではお前は、現在のこの格差社会をどう克服していこうと考えているのだ?」と問われれば、そう簡単に答えることが出来ないのもまた冷厳なる事実である。 故・A先生(掲載元は実名)は、その昔、酒の席でB・C両先輩(掲載元は実名)に対し「もし本当に俺たちが政権を取っちまったら、日本経済はメチャクチャになっちまうだろうなあ。だって俺たちの中で、経済についてまともに勉強している奴なんて一人もいないんだ...

続きを読む

「文化的左派・経済的右派」? 逆だろ!

 常日頃から「民主党も含めたリベラル勢力の大同団結」を唱えている北海道大学教授の山口二郎は、あちこちのメディアで「対立軸はすでにハッキリしている。国家主義で格差拡大の自公か、リベラルで格差是正の野党連合かだ」というような意味のことを最近盛んに吹聴してまわっている。 国民の多数にとって、これほど絶望的な二項対立の図式というのもちょっと他には考えられないだろう。 日本の誇りを思い国家の自立を目指すため...

続きを読む

当てが外れた反日左翼

 安倍内閣の支持率が下げ止まらないという(註:この記事が某紙に連載されていた2007年当時のことです)。 実を言うと「もう左翼バッシングのピークは過ぎた。既にネット上でも、叩きのターゲットは小泉政権へと移りつつある」というような話は、既に去年の夏頃から出始めていたのだ。 まあ当たり前といえば当たり前の事なんだろう。 左翼叩きに狂奔し、一昨年の郵政解散の時にも熱狂的に小泉自民党を支持したネットウヨと...

続きを読む

「愛国左派のための経済学講座」開始のご挨拶

 はじめまして。 「愛国左派のための経済学講座」を担当させていただきます貫通信Bと申します。 これまで憲法講座を続けさせていただいておりました貫通信A氏に代わり、これより「愛国左派(日本版ポリティカルコンパスでは通常、我々の政治的立場は『保守左派』と呼称されますが、個人的に私は自分のことは保守派とは思っていませんし、またそう呼ばれたくもないので、代わりに『愛国左派』と自称させていただきます)のため...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。